[スポンサーリンク]

archives

有機分子・バイオエレクトロニクス分科会(M&BE) 新分野開拓研究会2023 「電子とイオンの織りなすサイエンス: 材料・デバイス・センシング」

[スポンサーリンク]

【概要】

われわれの身の回りにある半導体デバイスでは電子の動きを使って情報を処理しています。一方,生体内部の情報処理には電荷のキャリアとしてイオンが大きな役割を担っています。これら電子とイオン両方のふるまいを明らかにすることで,生体からの信号を簡単に計測する,もしくは半導体デバイスと生体を融合することが可能になると考えられます。

本研究会では,電子とイオンが共存する環境におけるサイエンスに関して先駆的な研究を進められている先生方を講師にお招きします。最先端の研究成果はもちろんのこと,基礎的なトピック―どういった材料が使えるのか,どんな構造のデバイスを作ればいいのか,何を測定すればいいのか,そして何が測れるのか―についてもご紹介いただきます。

【日時】

2023年9月14日(木)13:00~16:50

【場所】

オンライン開催(Zoomウェビナー)

【プログラム】

13:05~13:45 電子とイオンを操る高分子材料と電気化学トランジスタ素子
山本 俊介(東北大学)
13:45~14:25 生体と機能性界面とトランジスタの融合と医工学応用
合田 達郎(東洋大学)
14:25~15:05 イオンゲート有機無機トランジスタの電子スピン共鳴研究
丸本 一弘(筑波大学)
15:25~16:05 高分子電解質薄膜の配向および組織構造と高プロトン伝導性
長尾 祐樹(北陸先端科学技術大学院大学)
16:05~16:45 バイオセンシング技術における材料協調設計と応用:バイオと電子デバイスを繋ぐバイオアフィニティ界面
坂田 利弥(東京大学)

【参加費】

M&BE非会員/4000円、学生/1000円、M&BE会員/無料

【参加申し込み方法】

M&BE非会員の方はイベントペイ(こちら
からご登録の上、Zoomウェビナーへの登録をお願いいたします。
会員の方はこちらのウェビナー登録サイトから直接お申し込みください。

【主催】

応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会

【協賛】

Chem-Station、高分子学会、日本液晶学会(予定)

【スポンサー協賛】

株式会社 エヌエフ回路設計ブロック

【問い合わせ先】

中野 恭兵 (理化学研究所)、E-mail: kyohei.nakano@riken.jp

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. L-RAD:未活用の研究アイデアの有効利用に
  2. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステル…
  3. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?
  4. 化学研究ライフハック:化学検索ツールをあなたのブラウザに
  5. ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバル…
  6. 「無機化学」とはなにか?
  7. 香りの化学4
  8. イリジウム錯体:Iridium-complex

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ショウリョウバッタが吐くアレについて
  2. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyaceticacid
  3. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する
  4. 第1回ACCELシンポジウムを聴講してきました
  5. セブンシスターズについて① ~世を統べる資源会社~
  6. Organic Synthesis Workbook
  7. エチオ・リザード Ezio Rizzardo
  8. ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ
  9. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性
  10. ADC薬 応用編:捨てられたきた天然物は宝の山?・タンパクも有機化学の領域に!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

接着系材料におけるmiHub活用事例とCSサポートのご紹介

開催日:2024/06/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

水素原子一個で強力な触媒をケージング ――アルツハイマー病関連のアミロイドを低分子で副作用を抑えて分解する――

第 619 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学…

ミツバチに付くダニに効く化学物質の研究開発のはなし

今回は東京大学大学院有機化学研究室 滝川 浩郷先生、小倉 由資先生が主導されている研究内容につき…

化学結合の常識が変わる可能性!形成や切断よりも「回転」プロセスが実は難しい有機反応

第 617 回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 有機…

【書評】元素楽章ー擬人化でわかる元素の世界

元素の特性に基づくキャラクターデザインとフィクションの要素を融合させ,物語にまで昇華させた,待望…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP