[スポンサーリンク]


2023年 7月 06日

  1. 2残基ずつペプチド鎖を伸長できる超高速マイクロフロー合成法を開発

    第537回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院 創薬科学研究科 布施研究室の杉澤 直斗(すぎさわ なおと)さんにお願いしました。布施研究室はフロー合成技術や自動合成技術といった工学的な技術、さらには機械学習や理論計算を駆使し…

  2. マテリアルズ・インフォマティクスにおける初期データ戦略 -新規テーマでの対応方法をご紹介-

    開催日:2023/07/12 申し込みはこちら開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 超大画面ディスプレイ(シプラ)実現へ
  2. 第21回ケムステVシンポ「Grubbs触媒が導く合成戦略」を開催します!
  3. 肝はメチル基!? ロルカセリン
  4. ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~
  5. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Ganem Oxidation
  6. 水素ガス/酸素ガスで光特性を繰り返し変化させる分子
  7. 軽くて強いだけじゃないナノマテリアル —セルロースナノファイバーの真価

注目情報

最新記事

マリンス有機化学(上)-学び手の視点から-

概要親しみやすい会話形式を用いた現代的な教育スタイルで有機化学の重要概念を学べる標準教科書.…

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

PAGE TOP