[スポンサーリンク]

B

バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement

 

概要

N-アリールヒドロキシアミンのアミノフェノールへの転位反応。硫酸の変わりにHFを用いると、p-フルオロアニリンが得られる。

基本文献

  • Bamberger, E. Chem. Ber. 1894, 27, 1347, 1548.
  • Zoran, A. et al. Chem. Commun. 1994, 2239
  • Tordeux, M.; Wakselman, C. J. Fluorine Chem.199574, 251.

 

開発の歴史

1894年にドイツの化学者バンバーガーによって発見された。バンバーガーはこの他にもニトロソベンゼンの合成やヘテロ環に関する様々な研究に携わった。

Eugen Bamberger

Eugen Bamberger

反応機構

酸処理によって得られるナイトレニウムイオンが水(フッ素)と反応して目的物が得られる。付加してくる水は脱離した水分子とは異なる(分子間転位)。
n-ol-12.gif

反応例

メトキシ基の導入例
n-ol-13.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ネバー転位 Neber Rearrangement
  2. 求電子的フッ素化剤 Electrophilic Fluorina…
  3. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von…
  4. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  5. カテラニ反応 Catellani Reaction
  6. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthe…
  7. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylatio…
  8. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveaul…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Nsアミン誘導体
  2. バトフェナントロリン : Bathophenanthroline
  3. リチウムイオン電池の課題のはなし-1
  4. カルボプラチン /carboplatin
  5. 化学者がコンピューター計算を行うべきか?
  6. ヘキサメチレンテトラミン
  7. 化学エンターテイメント小説第3弾!『ラブ・リプレイ』
  8. ペタシス試薬 Petasis Reagent
  9. 化学メーカー研究開発者必見!!新規事業立ち上げの成功確度を上げる方法
  10. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

日本化学会と日本化学工業協会に新会長就任

日本化学会は5月23日に川合眞紀氏(自然科学研究機構分子科学研究所)が新会長に就任したことを発表した…

塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

塩基と酸を作用させるだけで環サイズを調節できるユニークな中員環合成手法が報告された。塩基による環拡大…

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP