[スポンサーリンク]

B

バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement

[スポンサーリンク]

 

概要

N-アリールヒドロキシアミンのアミノフェノールへの転位反応。硫酸の変わりにHFを用いると、p-フルオロアニリンが得られる。

基本文献

  • Bamberger, E. Chem. Ber. 1894, 27, 1347, 1548.
  • Zoran, A. et al. Chem. Commun. 1994, 2239
  • Tordeux, M.; Wakselman, C. J. Fluorine Chem.199574, 251.

 

開発の歴史

1894年にドイツの化学者バンバーガーによって発見された。バンバーガーはこの他にもニトロソベンゼンの合成やヘテロ環に関する様々な研究に携わった。

Eugen Bamberger

Eugen Bamberger

反応機構

酸処理によって得られるナイトレニウムイオンが水(フッ素)と反応して目的物が得られる。付加してくる水は脱離した水分子とは異なる(分子間転位)。
n-ol-12.gif

反応例

メトキシ基の導入例
n-ol-13.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  2. ロビンソン環形成反応 Robinson Annulation
  3. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement
  4. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)…
  5. ブレデレック ピリミジン合成 Bredereck Pyrimid…
  6. 脱離反応 Elimination Reaction
  7. ステッター反応 Stetter reaction
  8. カルボン酸の保護 Protection of Carboxyli…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 製薬業界の研究開発費、増加へ
  2. 第1回ACCELシンポジウムを聴講してきました
  3. Reaxys PhD Prize 2016ファイナリスト発表!
  4. 住友化学、Dow Chemical社から高分子有機EL用材料事業を買収
  5. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  6. 海の生き物からの贈り物
  7. 保護基のお話
  8. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「日本蛋白質構造データバンク」工藤先生
  9. 「世界最小の元素周期表」が登場!?
  10. 祝100周年!ー同位体ー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Arborisidineの初の全合成

インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催

Natureダイジェスト編集担当者による日本語コンテンツ紹介やnatureasia.comのオンライ…

勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話

総合職であれば、本社以外の勤務や転勤を職務の一貫として、身近なものとして考えられる方は多いのではない…

決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~

投資家でなければ関係ないと思われがちな決算短信ですが、実は企業のいろいろな情報が正直に書いてある書類…

複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明

第199回のスポットライトリサーチは、東京大学総合文化研究科(平岡研究室)博士課程・立石友紀さんにお…

小型質量分析装置expression® CMSを試してみた

学生が増えすぎて(うれしい悲鳴ですが)、機器を購入する余裕などこれっぽっちもない代表です。さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP