[スポンサーリンク]

B

バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement

 

概要

N-アリールヒドロキシアミンのアミノフェノールへの転位反応。硫酸の変わりにHFを用いると、p-フルオロアニリンが得られる。

基本文献

  • Bamberger, E. Chem. Ber. 1894, 27, 1347, 1548.
  • Zoran, A. et al. Chem. Commun. 1994, 2239
  • Tordeux, M.; Wakselman, C. J. Fluorine Chem.199574, 251.

 

開発の歴史

1894年にドイツの化学者バンバーガーによって発見された。バンバーガーはこの他にもニトロソベンゼンの合成やヘテロ環に関する様々な研究に携わった。

Eugen Bamberger

Eugen Bamberger

反応機構

酸処理によって得られるナイトレニウムイオンが水(フッ素)と反応して目的物が得られる。付加してくる水は脱離した水分子とは異なる(分子間転位)。
n-ol-12.gif

反応例

メトキシ基の導入例
n-ol-13.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxid…
  2. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation
  3. シャープレス不斉ジヒドロキシル化 Sharpless Asyem…
  4. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Ald…
  5. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromat…
  6. エルマンイミン Ellman’s Imine
  7. バートン・ザード ピロール合成 Barton-Zard Pyrr…
  8. 還元的アルドール反応 Reductive Aldol React…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization
  2. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用
  3. 研究者よ景色を描け!
  4. Name Reactions: A Collection of Detailed Mechanisms and Synthetic Applications Fifth Edition
  5. エッシェンモーザーカップリング Eschenmoser Coupling
  6. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【終了】
  7. ベロウソフ・ジャボチンスキー反応 Belousov-Zhabotinsky(BZ) Reaction
  8. ペンタフルオロスルファニル化合物
  9. ワサビ辛み成分受容体を活性化する新規化合物
  10. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

室温で緑色発光するp型/n型新半導体を独自の化学設計指針をもとにペロブスカイト型硫化物で実現

第195回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 科学技術創成研究院(平松研究室) 半沢幸太さんに…

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP