[スポンサーリンク]

B

バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement

 

概要

N-アリールヒドロキシアミンのアミノフェノールへの転位反応。硫酸の変わりにHFを用いると、p-フルオロアニリンが得られる。

基本文献

  • Bamberger, E. Chem. Ber. 1894, 27, 1347, 1548.
  • Zoran, A. et al. Chem. Commun. 1994, 2239
  • Tordeux, M.; Wakselman, C. J. Fluorine Chem.199574, 251.

 

開発の歴史

1894年にドイツの化学者バンバーガーによって発見された。バンバーガーはこの他にもニトロソベンゼンの合成やヘテロ環に関する様々な研究に携わった。

Eugen Bamberger

Eugen Bamberger

反応機構

酸処理によって得られるナイトレニウムイオンが水(フッ素)と反応して目的物が得られる。付加してくる水は脱離した水分子とは異なる(分子間転位)。
n-ol-12.gif

反応例

メトキシ基の導入例
n-ol-13.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl…
  2. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  3. リッター反応 Ritter Reaction
  4. エッシェンモーザー・タナベ開裂反応 Eschenmoser-Ta…
  5. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluorobor…
  6. クネーフェナーゲル縮合 Knoevenagel Condensa…
  7. ハロホルム反応 Haloform Reaction
  8. 根岸カルボメタル化 Negishi Carbometalatio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤
  2. ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去
  3. 科学カレンダー:学会情報に関するお役立ちサイト
  4. ベンジル酸転位 Benzilic Acid Rearrangement
  5. 超若手科学者の発表会、サイエンス・インカレの優秀者インタビュー
  6. NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より
  7. 2009年1月人気化学書籍ランキング
  8. 近赤外光を吸収する有機分子集合体の発見
  9. ヤクルト、大腸の抗がん剤「エルブラット」発売
  10. 高分子を”見る” その2

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP