[スポンサーリンク]

B

バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement

[スポンサーリンク]

 

概要

N-アリールヒドロキシアミンのアミノフェノールへの転位反応。硫酸の変わりにHFを用いると、p-フルオロアニリンが得られる。

基本文献

  • Bamberger, E. Chem. Ber. 1894, 27, 1347, 1548.
  • Zoran, A. et al. Chem. Commun. 1994, 2239
  • Tordeux, M.; Wakselman, C. J. Fluorine Chem.199574, 251.

 

開発の歴史

1894年にドイツの化学者バンバーガーによって発見された。バンバーガーはこの他にもニトロソベンゼンの合成やヘテロ環に関する様々な研究に携わった。

Eugen Bamberger

Eugen Bamberger

反応機構

酸処理によって得られるナイトレニウムイオンが水(フッ素)と反応して目的物が得られる。付加してくる水は脱離した水分子とは異なる(分子間転位)。
n-ol-12.gif

反応例

メトキシ基の導入例
n-ol-13.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応
  2. アシロイン縮合 Acyloin Condensation
  3. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthe…
  4. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  5. 芳香族メタ光環化付加 Aromatic meta-photoc…
  6. ホフマン脱離 Hofmann Elimination
  7. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoro…
  8. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knor…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. わずか6工程でストリキニーネを全合成!!
  2. 高専の化学科ってどんなところ? -その 2-
  3. 二酸化炭素をはきだして♪
  4. 第19回「心に残る反応・分子を見つけたい」ー京都大学 依光英樹准教授
  5. 固体なのに動くシャトリング分子
  6. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  7. 史上最も不運な化学者?
  8. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド:Carbonyltris(triphenylphosphine)rhodium(I) Hydride
  9. 誤った科学論文は悪か?
  10. Gabriel試薬類縁体

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP