[スポンサーリンク]


2023年 8月 02日

  1. η6配位アルキルベンゼンで全炭素(3+2)環化付加

    ロジウム触媒を用いたアルキルベンゼンと電子不足オレフィンの全炭素(3+2)環化付加反応が開発された。様々な天然物に含まれるジヒドロインデン骨格を簡便かつ高い原子効率で構築できる。アルキルベンゼンの(3+2)環化付加反応(3+2)環化…

  2. 研究室の安全性は生産性と相反しない

    研究室での安全性と研究生産性は、しばしばトレードオフの関係にあると考えられがちです。しかし、カリフォ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 液中でも観察OK 原子間力顕微鏡: 京大グループ開発
  2. 日本にあってアメリカにないガラス器具
  3. エナンチオ選択的α-アルキル-γ-ラクタム合成
  4. カイザーテスト Kaiser Test
  5. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (実践編)
  6. 第18回 出版業務が天職 – Catherine Goodman
  7. ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

注目情報

最新記事

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

PAGE TOP