[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

η6配位アルキルベンゼンで全炭素(3+2)環化付加

[スポンサーリンク]

ロジウム触媒を用いたアルキルベンゼンと電子不足オレフィンの全炭素(3+2)環化付加反応が開発された。様々な天然物に含まれるジヒドロインデン骨格を簡便かつ高い原子効率で構築できる。

アルキルベンゼンの(3+2)環化付加反応

(3+2)環化付加反応は、1,3-双極子と不飽和結合から高度に官能基化された五員環を構築できる強力な手法である(図1A)[1]。ところが、これまで報告されてきた1,3-双極子はほとんどがヘテロ原子を有しており、全炭素1,3-双極子を用いた例は少ない。一方で遷移金属触媒は、四員環メタラサイクルや金属カルベノイドなどの特異な全炭素双極子やその等価体を生成できる[2]。特にh3配位により生じたトリメチレンメタン錯体は、1,3-双極子として(3+2)環化付加反応を起こす。その代表例として、Trostらが開発したパラジウム触媒を用いたトリメチレンメタンの環化付加反応が知られる(図1B)[3]。本反応では、π-アリルパラジウム錯体の正電荷が脱シリル化により生じた負電荷を安定化する。

以前筆者らは、Rh(III)触媒のh6配位によりアルキルベンゼンのベンジル位が脱プロトン化し、生じたh5-メチレンシクロヘキサジエニル種が電子不足オレフィンに求核付加することを見いだした[4]。一方Cp*Ir錯体にh4配位したo-キノンメチドはN-メチルマレイミドと(3+2)環化付加することが知られており、通常求電子的な3位がh4配位によって求核的な反応性を示す(図1C)[5]。しかし、Rh錯体では同様な反応は進行していない。今回著者らは、配位子の変更によりh5-メチレンシクロヘキサジエニル種が求核剤でなく1,3-双極子として振る舞うことを期待した。実際、適切な配位子をもつRh錯体を用いることでアルキルベンゼンと電子不足オレフィンとの(3+2)環化付加を達成した(図1D)。

図1. (A) 全炭素(3+2)環化付加 (B) 3配位を用いた全炭素1,3-双極子 (C) Ir錯体を用いたo-キノンメチドの(3+2)環化付加 (D) 今回の反応

 

“Catalytic Dehydrogenative (3+2) Cycloaddition of Alkylbenzenes via π-Coordination”

Wu, W.-Q.; Lin, Y.; Li, Y.; Shi, H. J. Am. Chem. Soc.2023, 145, 9464–9470.

DOI: 10.1021/jacs.3c02900

論文著者の紹介

研究者:Hang Shi (石 航) (研究室HP)

研究者の経歴:

–2008                   B.Sc., Hunan University, China
2008–2013 Ph.D., Peking University, China (Prof. Zhen Yang)
2013–2015 Postdoc, Harvard University, USA (Prof. Tobias Ritter)
2015–2018 Postdoc, The Scripps Research Institute, USA (Prof. Jin-Quan Yu)
2018–2023 Assistant Professor, Westlake University, China
2023–                     Associate Professor, Westlake University, China

研究内容:h6配位による芳香環の触媒的官能基化、不斉金属触媒を用いたアミン合成、機能性分子の合成

論文の概要

2,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル基が置換したCp*を配位子にもつロジウム触媒存在下、HFIP中、AgBF4を添加すると、120 °Cでアルキルベンゼン1と1,1-ビス(フェニルスルホニル)エチレン(2)から環化体3が良好な収率で得られた(図2A)。本反応は多様な官能基を有するアルキルベンゼン1a–1eに適用でき、対応する環化体3a–3eを中程度から高い収率で与えた。また2-ナフチル基をもつ1fでは、ベンゼン環側で選択的に環化し二環式化合物3fを与える。さらに4級炭素の構築も可能で、スピロ環化体3hやジアリール3iが得られた。

次に、Cp*Rh錯体に配位したh5-メチレンシクロヘキサジエニル種が1,3-双極子としての性質をもつか確かめるため、電荷密度と分子軌道を計算した(図2B)。その結果、ベンジル位とオルト位は負に帯電しており、イプソ位は正の電荷をもつことがわかった。また、HOMOは主にベンジル位に分布している一方で、LUMOの一部はオルト位に局在化していた。これらの性質は代表的な1,3-双極子であるジアゾメタンに酷似している。

また、反応経路をDFT計算により解析した(図2C)。まず、脱プロトン化により生じたh5-メチレンシクロヘキサジエニル-Rh錯体Int1に対し、2が段階的に付加し、h5-メチレンシクロヘキサジエニル錯体Int3を形成する。続く再芳香族化において、Int3からのヒドリド移動は活性化エネルギーが非常に大きく、h3錯体Int4を経由することが示唆された。アゴスティック相互作用によるInt4の安定化が、ヒドリド移動の鍵であった。そして、TS4を経て再芳香族化し環化体3が得られる。

図2. (A) 最適条件と基質適用範囲 (B) π配位したベンジルカルボアニオンの電荷密度と分子軌道 (C) (3+2)環化付加と再芳香族化における 自由エネルギーの計算値 (kJ/mol) (図2は一部論文SIより転載)

 

以上、アルキルベンゼンを1,3-双極子として用いた全炭素(3+2)環化付加反応が開発された。得られた環化体は様々なインデン誘導体へと変換でき、本反応の天然物合成への応用が期待される。

参考文献

  1. (a) Gothelf, K. V.; Jørgensen, K. A. Asymmetric 1,3-Dipolar Cycloaddition Reactions.Chem. Rev. 1998, 98, 863–910. DOI: 10.1021/cr970324e (b) Wang, Z.; Liu, J. All-Carbon (3+2) Cycloaddition in Natural Product Synthesis. Beilstein J. Org. Chem. 2020, 16, 3015–3031. DOI: 10.3762/bjoc.16.251
  2. Lautens, M.; Klute, W.; Tam, W. Transition Metal-Mediated Cycloaddition Reactions. Chem. Rev. 1996, 96, 49–92. DOI: 10.1021/cr950016l
  3. Trost, B. M. [3+2] Cycloaddition Approaches to Five-Membered Rings via Trimethylenemethane and Its Equivalents. Chem., Int. Ed. 1986, 25, 1−20. DOI: 10.1002/anie.198600013
  4. (a) Kang, Q.; Li, Y.; Chen, K.; Zhu, H.; Wu, W.; Lin, Y.; Shi, H. Rhodium‐Catalyzed Stereoselective Deuteration of Benzylic C–H Bonds via Reversible h6Angew. Chem., Int. Ed. 2022, 61, e202117381. DOI: 10.1002/anie.202117381 (b) Li, Y.; Wu, W.; Zhu, H.; Kang, Q.; Xu, L.; Shi, H. Rhodium‐Catalyzed Benzylic Addition Reactions of Alkylarenes to Michael Acceptors. Angew. Chem., Int. Ed. 2022, 61, e202207917. DOI: 10.1002/anie.202207917
  5. (a) Amouri, H.; Vaissermann, J.; Rager, M. N.; Grotjahn, D. B. Stable o-Quinone Methide Complexes of Iridium: Synthesis, Structure, and Reversed Reactivity Imparted by Metal Complexation. Organometallics 2000, 19, 1740− DOI: 10.1021/om000073r (b) Amouri, H.; Vaissermann, J.; Rager, M. N.; Grotjahn, D. B. Rhodium-Stabilized o-Quinone Methides: Synthesis, Structure, and Comparative Study with Their Iridium Congeners. Organometallics 2000, 19, 5143−5148. DOI: 10.1021/om0005598

山口 研究室

投稿者の記事一覧

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. だれが原子を見たか【夏休み企画: 理系学生の読書感想文】
  2. 化学系ブログのインパクトファクター
  3. 抗薬物中毒活性を有するイボガイン類の生合成
  4. \脱炭素・サーキュラーエコノミーの実現/  マイクロ波を用いたケ…
  5. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII…
  6. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応
  7. ノーベル化学賞を受けた企業人たち
  8. プレプリントサーバについて話そう:Emilie Marcusの翻…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. チャン・ラム・エヴァンス カップリング Chan-Lam-Evans Coupling
  2. H-1B ビザの取得が難しくなる!?
  3. <アスクル>無許可で危険物保管 消防法で義務づけ
  4. 薬学部6年制の現状と未来
  5. シス優先的プリンス反応でsemisynthesis!abeo-ステロイド類の半合成
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤(解答編)
  7. 化学遺産スロイス『舎密学』とグリフィス『化学筆記』が展示へ
  8. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich
  9. マタタビの有効成分のはなし【更新】
  10. フォトメカニカル有機結晶を紫外線照射、世界最速で剥離

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP