[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

po_suke

無機化学研究室に所属する、有機合成大好きな学生。 好きなものは鳥と散歩とお酒と化学です。 光機能性分子や、色素などに興味があります。

  1. 来年は世界化学年:2011年は”化学の年”!

    2011年を「世界化学年」とすることは2008年末に開催された国際連合総会によって決められました。 世界化学年では統一テーマ"Chemistry-our life, our future"の下、化学に対する社会の理解増進、若い世…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授
  2. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactonization
  3. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて①~
  4. ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成
  5. スポンジシリーズがアップデートされました。
  6. 【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!
  7. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への適用

注目情報

最新記事

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

PAGE TOP