[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

[スポンサーリンク]

第120回の海外化学者インタビューは、リッチモンド・サーポン教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学科に所属し、複雑天然物の全合成のための戦略および方法論の開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

ちょっと陳腐な話になりますが・・・私は西アフリカのガーナで育ち、医師である父が世界保健機関(WHO)と密接に連携して働いていました。その頃、西アフリカでは「河川盲目症」という病気が本当にひどかったのです。メルクという会社がイベルメクチンを持ってやってきて、基本的には無料でこの問題に対処してくれました。私も多くの人と同じように、とても感銘を受けました。父が持っていたメルクインデックスを開いてみると、化学物質が皆のためになるという、もちろん医学的なあらゆる利点に私の目は開かされました・・・。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

プロのテニスプレイヤーになりたいと思っていました。精神的にも肉体的にもコントロールしつつ勝負しなければならないというのが好みです。残念なことに、自分の精神的・肉体的才能に限界があり、その機会はありませんでした。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

私のグループは、複雑分子を作るのがとても上手になってきました。分子を合成する能力は非常に多くをもたらします。特に、生物学における化学的疑問に答えるために、合成可能な物を活用できる立場に私たちはあるのです。現在、私たちは、がんや喘息などの特定の問題に対処すべく、重要な機能性分子を作ろうとしています。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

一緒に食事をしたい人はたくさんいます。プロとしてわがままを言うなら、複雑な分子合成にとりくむための戦略設計に長けていたR.B.ウッドワードです。今まさにこの分野で、論争の中心となっているいくつかの問題について、彼の意見をお聞きしたいです。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

約1年前、Wittig反応という化学反応を行いました。ワークアップに必要な時間を勘定に入れず、非常に優秀な大学院新入生にそれを渡しました。彼女はこの中途半端な反応を一連の論文にしてしまいました・・・。研究室で仕事をするよりも、他のみんなが抱える問題を批判的に考え、仕事を続けるために必要な資金を得ることで、むしろ研究室の役に立っていると気づきました。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

どれくらいの期間取り残されるかにもよりますが・・・もっとたくさんの本を常時ダウンロードできるよう、Kindleを持っていくことはできるでしょうか?まぁ、もし一冊に制限されるのなら、またしてもプロとしてのわがままな興味から、AnslynとDoughertyの『Advanced Physical Organic Chemistry』にするでしょうね・・・。

音楽に関しては、マイケル・ジャクソンの『History』コレクションになるでしょう。彼は音楽の天才です!どんな気分にも合う曲を持っています。もし二枚組のCDがダメなら、Pat Methenyの『Still Life Talking』、TotoMichael FranksRick Astley(彼は完全に過小評価されています・・・)から数曲ずつ、1枚のCDに「焼く」でしょうね。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

カリフォルニア工科大学のブライアン・ストルツ教授です。ポスドク時代のアドバイザーで、いつも楽しい色んな話をしてくれました。彼の話は、このブログを見ている人たちにとって、かなり刺激的なものだと思います。

原文:Reactions –  Richmond Sarpong

※このインタビューは2009年6月19日に公開されました。

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第19回「心に残る反応・分子を見つけたい」ー京都大学 依光英樹准…
  2. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina …
  3. 第40回「分子設計で実現する次世代バイオイメージング」山東信介教…
  4. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授
  5. 第117回―「感染症治療を志向したケミカルバイオロジー研究」Er…
  6. 第98回―「極限環境における高分子化学」Graeme Georg…
  7. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus W…
  8. 第38回「材料の励起状態制御に挑む」嘉部量太 准教授

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle
  2. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]
  3. クラウス・ミューレン Klaus Müllen
  4. 無保護カルボン酸のラジカル機構による触媒的酸化反応の開発
  5. アルミニウム Aluminium 最も多い金属元素であり、一円玉やアルミホイルの原料
  6. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  7. 元素の和名わかりますか?
  8. 私立武蔵高 の川崎さんが「銀」 国際化学オリンピック
  9. 住友化学、イスラエルのスタートアップ企業へ出資 ~においセンサーを活用した新規ヘルスケア事業の創出~
  10. 理化学研究所上級研究員(創発デバイス研究チーム)募集

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

最新記事

マリンス有機化学(上)-学び手の視点から-

概要親しみやすい会話形式を用いた現代的な教育スタイルで有機化学の重要概念を学べる標準教科書.…

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP