[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

[スポンサーリンク]

第120回の海外化学者インタビューは、リッチモンド・サーポン教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学科に所属し、複雑天然物の全合成のための戦略および方法論の開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

ちょっと陳腐な話になりますが・・・私は西アフリカのガーナで育ち、医師である父が世界保健機関(WHO)と密接に連携して働いていました。その頃、西アフリカでは「河川盲目症」という病気が本当にひどかったのです。メルクという会社がイベルメクチンを持ってやってきて、基本的には無料でこの問題に対処してくれました。私も多くの人と同じように、とても感銘を受けました。父が持っていたメルクインデックスを開いてみると、化学物質が皆のためになるという、もちろん医学的なあらゆる利点に私の目は開かされました・・・。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

プロのテニスプレイヤーになりたいと思っていました。精神的にも肉体的にもコントロールしつつ勝負しなければならないというのが好みです。残念なことに、自分の精神的・肉体的才能に限界があり、その機会はありませんでした。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

私のグループは、複雑分子を作るのがとても上手になってきました。分子を合成する能力は非常に多くをもたらします。特に、生物学における化学的疑問に答えるために、合成可能な物を活用できる立場に私たちはあるのです。現在、私たちは、がんや喘息などの特定の問題に対処すべく、重要な機能性分子を作ろうとしています。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

一緒に食事をしたい人はたくさんいます。プロとしてわがままを言うなら、複雑な分子合成にとりくむための戦略設計に長けていたR.B.ウッドワードです。今まさにこの分野で、論争の中心となっているいくつかの問題について、彼の意見をお聞きしたいです。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

約1年前、Wittig反応という化学反応を行いました。ワークアップに必要な時間を勘定に入れず、非常に優秀な大学院新入生にそれを渡しました。彼女はこの中途半端な反応を一連の論文にしてしまいました・・・。研究室で仕事をするよりも、他のみんなが抱える問題を批判的に考え、仕事を続けるために必要な資金を得ることで、むしろ研究室の役に立っていると気づきました。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

どれくらいの期間取り残されるかにもよりますが・・・もっとたくさんの本を常時ダウンロードできるよう、Kindleを持っていくことはできるでしょうか?まぁ、もし一冊に制限されるのなら、またしてもプロとしてのわがままな興味から、AnslynとDoughertyの『Advanced Physical Organic Chemistry』にするでしょうね・・・。

音楽に関しては、マイケル・ジャクソンの『History』コレクションになるでしょう。彼は音楽の天才です!どんな気分にも合う曲を持っています。もし二枚組のCDがダメなら、Pat Methenyの『Still Life Talking』、TotoMichael FranksRick Astley(彼は完全に過小評価されています・・・)から数曲ずつ、1枚のCDに「焼く」でしょうね。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

カリフォルニア工科大学のブライアン・ストルツ教授です。ポスドク時代のアドバイザーで、いつも楽しい色んな話をしてくれました。彼の話は、このブログを見ている人たちにとって、かなり刺激的なものだと思います。

原文:Reactions –  Richmond Sarpong

※このインタビューは2009年6月19日に公開されました。

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第54回―「ナノカーボンを機能化する合成化学」Maurizio …
  2. 第56回「複合ナノ材料の新機能を時間分解分光で拓く」小林洋一 准…
  3. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授
  4. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する –…
  5. 第86回―「化学実験データのオープン化を目指す」Jean-Cla…
  6. 第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew D…
  7. 第107回―「ソフトマター表面の物理化学」Jacob Klein…
  8. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 1/2

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 鍛冶屋はなぜ「鉄を熱いうちに」打つのか?
  2. アスピリンの合成実験 〜はじめての化学合成〜
  3. 天才プログラマー タンメイが教えるJulia超入門
  4. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリデン]ジメチルアンモニウムテトラフルオロボラート:[(Oxido)phenyl(trifluoromethyl)-lambda4-sulfanylidene]dimethylammonium Tetrafluoroborate
  5. 化学者がコンピューター計算を行うべきか?
  6. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody
  7. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【基礎編】
  8. 続・企業の研究を通して感じたこと
  9. ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement
  10. 試験管内選択法(SELEX法) / Systematic Evolution of Ligands by Exponential Enrichment

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP