[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース電気化学

  1. 林松 Song Lin

    ソン・リン(Song Lin、19XX年X月XX日–)は米国在住の中国人有機化学者である。コーネル大学助教授経歴2008 北京大学 学士号取得 (Zhang-Jie Shi 教授)2008–2013ハーバード大学 博士号取得 (…

  2. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi

    中嶋直敏(なかしまなおとし 19XX年XX月XX日- )は日本の化学者である。九州大学大学院工学…

  3. アレン・バード Allen J. Bard

    アレン・J・バード(Allen J. Bard、1933年12月18日-)は、アメリカの化学者である…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 分子運動を世界最高速ムービーで捉える!
  2. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用
  3. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III
  4. クラウス・ビーマン Klaus Biemann
  5. NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より
  6. シグマ アルドリッチ構造式カタログの機能がアップグレードしたらしい
  7. 【イベント】「化学系学生のための企業研究セミナー」「化学系女子学生のためのキャリアセミナー」

注目情報

最新記事

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

PAGE TOP