[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アレン・バード Allen J. Bard

[スポンサーリンク]

アレン・J・バード(Allen J. Bard、1933年12月18日-)は、アメリカの化学者である。テキサス大学教授(写真:National Science and Technology Medals Foundation)。

経歴

1955 ニューヨーク市立大学 卒業
1958 ハーバード大学 博士号取得 (J. J. Lingane教授)
1958 テキサス大学オースティン校インストラクター
1960 テキサス大学オースティン校助教授
1962 テキサス大学オースティン校准教授
1967 テキサス大学オースティン校教授

 

受賞歴

1955 Ward Medal in Chemistry
1976 Analyst of the Year
1977 Sherman Mills Fairchild Scholar
1980 Harrison Howe Award
1981 Carl Wagner Memorial Award
1982 National Academy of Sciences
1983 City College of New York Alumni Scientific Achieve ment Award
1984 Bruno Breyer Memorial Award
1984 Fisher Award in Analytical Chemistry
1984 Charles N. Reilley Award
1986 Henry Linford Award
1986 Docteur Honoris Causa
1986 New York Academy of Sciences Award in Mathematics and Physical Sciences
1987 Willard Gibbs Award
1987 Olin-Palladium Medal
1988 Analytical Chemistry Award in Electrochemistry
1988 Woodward Professor
1989 Edward Mack Award
1989 Townsend Harris Medal
1989 Oesper Award
1990 American Academy of Arts and Sciences Fellow
1990 Electrochemical Society Fellow
1990 Outstanding Achievement-Fields of Analytical Chemistry
1992 G. M. Kosolapoff Award
1992 Department of Chemistry and Biochemistry
1992 Luigi Galvani Medal
1995 Outstanding Graduate Teaching Award
1996 Sigillum Magnum
1998 National Academy of Sciences Award in Chemical Sciences
1998 Pauling Award
2000 American Philosophical Society
2000 Honorary Doctorate, Texas A&M University
2001 Career Research Excellence Award
2001 Pittsburgh Analytical Chemistry Award
2002 Priestley Medal
2003 Presidential Citation
2003 Honorary Doctorate, Weizmann Institute of Science
2004 William H. Nichols Medal
Welch Foundation Award in Chemistryhttps://www.youtube.com/watch?v=Jaq04XBjqIs
2007 Heinz Gerischer Award
2008 Wolf Prize in Chemistry
2009 Distinguished Scientist Award (Southeastern Universities Research Award – SURA)
2010 Honorary Fellowship from the Royal Society of Chemistry
2011 National Medal of Science (Awarded February 2013)
2013 Honorary Membership to the Electrochemical Society
2013 Enrico Fermi Award (Awarded February 2014 – US Department of Energy)
2014 Torbern Bergman Medal (Swedish Chemical Society, Analytical Division)

 

研究概要

走査型電気化学顕微鏡(Scanning Electrochemical Microscope)の開発

走査型プローブ顕微鏡の一種で、表面・界面の局所領域で進行する化学反応や生体化学反応などを評価・可視化することができる

SECM の装置構成(出典:株式会社UACJ)

測定は溶液中で行い,微小プローブ電極,試料電極,Pt対極および照合電極の4 電極がバイポテンショスタットに接続される。。微小プローブ電極は,側面を被覆した微小径のPtワイヤの円形端面である。微小プローブ電極と試料電極の電位はそれぞれ独立に制御でき,試料電極を種々の電位に保持した場合の表面反応の変化を観察することもできる。

コメント&その他

  • 現在までに900報以上の論文、80以上の書籍チャプター、30以上の特許を出している

名言集

 

関連動画

関連文献

  1. Bard, A. J.: Fan, F. R. F.; Kwak, J. Lev. O, Anal Chem, 1989, 61, 132.

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  2. ダグ・ステファン Douglas W. Stephan
  3. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg
  4. ロナルド・ブレズロウ賞・受賞者一覧
  5. 鈴木 章 Akira Suzuki
  6. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta
  7. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö
  8. アダム・コーエン Adam E. Cohen

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 分子1つがレバースイッチとして働いた!
  2. 研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~
  3. 不安定炭化水素化合物[5]ラジアレンの合成と性質
  4. 徹底比較 特許と論文の違い ~その他編~
  5. (+)-2,2′-メチレンビス[(3aR,8aS)-3a,8a-ジヒドロ-8H-インデノ[1,2-d]オキサゾール] : (+)-2,2′-Methylenebis[(3aR,8aS)-3a,8a-dihydro-8H-indeno[1,2-d]oxazole]
  6. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ② ~巨大な平面構造体 編~
  7. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~
  8. 有機合成者でもわかる結晶製品生産の最適化と晶析操作【終了】
  9. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl Group
  10. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP