[スポンサーリンク]


身のまわりの分子線維

  1. フィブロイン Fibroin

    フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。 (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler
  2. 国際シンポジウム;創薬・天然物―有機合成化学の展望―
  3. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  4. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず
  5. Purification of Laboratory Chemicals
  6. 書籍「Topics in Current Chemistry」がジャーナルになるらしい
  7. トリフェニル-2,6-キシリルビスムトニウムテトラフルオロボラート:Triphenyl-2,6-xylylbismuthonium Tetrafluoroborate

注目情報

最新記事

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

PAGE TOP