[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Synthesis

 

概要

グリセリンとアニリン誘導体からキノリンを合成する手法。

グリセリンの代わりにα,β-不飽和カルボニル化合物を用いると、さらに多様な合成が可能となる(Doebner-von Millerキノリン合成)。

 

基本文献

 

反応機構

グリセリンが脱水することでアクロレインが生成し、Doebner-von Millerキノリン合成と同様の機構を経て進むと考えられている。

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rul…
  2. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective P…
  3. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund …
  4. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement…
  5. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields R…
  6. 野依不斉水素化反応 Noyori Asymmetric Hydr…
  7. ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclo…
  8. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ボンビコール /bombykol
  2. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis
  3. 第3回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  4. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis
  5. ゲルマニウムビニリデン
  6. TBSの「未来の起源」が熱い!
  7. 銀を使ってリンをいれる
  8. (+)-11,11′-Dideoxyverticillin Aの全合成
  9. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  10. グレッグ・フー Gregory C. Fu

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP