[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Synthesis

 

概要

グリセリンとアニリン誘導体からキノリンを合成する手法。

グリセリンの代わりにα,β-不飽和カルボニル化合物を用いると、さらに多様な合成が可能となる(Doebner-von Millerキノリン合成)。

 

基本文献

 

反応機構

グリセリンが脱水することでアクロレインが生成し、Doebner-von Millerキノリン合成と同様の機構を経て進むと考えられている。

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chir…
  2. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar…
  3. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1…
  4. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process fo…
  5. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synt…
  6. 根岸カルボメタル化 Negishi Carbometalatio…
  7. アニオン重合 Anionic Polymerization
  8. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for B…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授
  2. Nazarov環化を利用した全合成研究
  3. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合
  4. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  5. マット・フランシス Matthew B. Francis
  6. 岸 義人 Yoshito Kishi
  7. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovsky Oxidation
  8. 化学で「透明人間」になれますか? 人類の夢をかなえる最新研究15
  9. アフリカの化学ってどうよ?
  10. 第20回「転んだ方がベストと思える人生を」ー藤田 誠教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP