[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

グリセリンとアニリン誘導体からキノリンを合成する手法。

グリセリンの代わりにα,β-不飽和カルボニル化合物を用いると、さらに多様な合成が可能となる(Doebner-von Millerキノリン合成)。

 

基本文献

 

反応機構

グリセリンが脱水することでアクロレインが生成し、Doebner-von Millerキノリン合成と同様の機構を経て進むと考えられている。

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selec…
  2. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol R…
  3. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  4. シュミット転位 Schmidt Rearrangement
  5. シュタウディンガー反応 Staudinger Reaction
  6. ペイン転位 Payne Rearrangement
  7. FAMSO
  8. MSH試薬 MSH reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 交互に配列制御された高分子合成法の開発と機能開拓
  2. 2009年度日本学士院賞、化学では竜田教授が受賞
  3. SPhos
  4. アジドの3つの窒素原子をすべて入れる
  5. JAMSTEC、深度1万900mに棲むエビから新酵素を発見 – バイオ燃料応用に期待
  6. 米ブリストル、仏サノフィの買収提案に備え助言契約締結
  7. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12日
  8. なぜ傷ついたマジックマッシュルームは青くなるの?
  9. オカモトが過去最高益を記録
  10. 名古屋メダル―受賞者一覧

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP