[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

グリセリンとアニリン誘導体からキノリンを合成する手法。

グリセリンの代わりにα,β-不飽和カルボニル化合物を用いると、さらに多様な合成が可能となる(Doebner-von Millerキノリン合成)。

 

基本文献

 

反応機構

グリセリンが脱水することでアクロレインが生成し、Doebner-von Millerキノリン合成と同様の機構を経て進むと考えられている。

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  2. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chir…
  3. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic A…
  4. 硫酸エステルの合成 Synthesis of Organosul…
  5. 秋山・寺田触媒 Akiyama-Terada Catalyst
  6. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synt…
  7. 野崎・檜山・岸反応 Nozaki-Hiyama-Kishi (N…
  8. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glyco…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法
  2. 【無料】化学英語辞書がバージョンアップ!
  3. バージェス試薬 Burgess Reagent
  4. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ
  5. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験
  6. 研究者/研究力
  7. 世界初 ソフトワーム用自発光液 「ケミホタルペイント」が発売
  8. 論文引用ランキングから見る、化学界の世界的潮流
  9. N-ヘテロ環状カルベン / N-Heterocyclic Carbene (NHC)
  10. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日

アメリカでの大学院生活って、どんな感じ?文章で読んでもなかなか想像が付きにくいかもしれません…

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

乾燥剤の種類と合成化学での利用法

今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いてみてかなり基本的な話になり…

第18回次世代を担う有機化学シンポジウム

今回の次世代シンポは一味違います!一般講演の優秀発表賞と優秀ディスカッション賞があるのはこれまで…

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP