[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Synthesis

 

概要

グリセリンとアニリン誘導体からキノリンを合成する手法。

グリセリンの代わりにα,β-不飽和カルボニル化合物を用いると、さらに多様な合成が可能となる(Doebner-von Millerキノリン合成)。

 

基本文献

 

反応機構

グリセリンが脱水することでアクロレインが生成し、Doebner-von Millerキノリン合成と同様の機構を経て進むと考えられている。

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxid…
  2. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupl…
  3. ブーボー・ブラン還元 Bouveault-Blanc Reduc…
  4. クリーギー グリコール酸化開裂 Criegee Glycol O…
  5. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylatio…
  6. レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber…
  7. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthe…
  8. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ハッピー・ハロウィーン・リアクション
  2. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule
  3. リンダウ会議に行ってきた②
  4. Nature Chemistry:Research Highlight
  5. ぼくらを苦しめる「MUST (NOT)」の呪縛
  6. 化学系学生のための企業合同説明会
  7. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath
  8. Whitesides’ Group: Writing a paper
  9. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  10. V字型分子が実現した固体状態の優れた光物性

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP