[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Synthesis

 

概要

グリセリンとアニリン誘導体からキノリンを合成する手法。

グリセリンの代わりにα,β-不飽和カルボニル化合物を用いると、さらに多様な合成が可能となる(Doebner-von Millerキノリン合成)。

 

基本文献

 

反応機構

グリセリンが脱水することでアクロレインが生成し、Doebner-von Millerキノリン合成と同様の機構を経て進むと考えられている。

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddit…
  2. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide…
  3. コーリー・ウィンターオレフィン合成 Corey-Winter O…
  4. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  5. ジェイムス・ブル エナンチオ過剰率決定法 James-Bull …
  6. 正宗・バーグマン反応 Masamune-Bergman Reac…
  7. シャープレス不斉アミノヒドロキシル化 Sharpless Asy…
  8. エッシェンモーザー・タナベ開裂反応 Eschenmoser-Ta…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 嗚呼、美しい高分子の世界
  2. ケムステタイムトラベル2011~忘れてはならない事~
  3. 誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)
  4. 2008年10大化学ニュース
  5. iPadで計算化学にチャレンジ:iSpartan
  6. 肩こりにはラベンダーを
  7. エーザイ 抗がん剤「ハラヴェンR」日米欧で承認取得 
  8. 島津、たんぱく質分析で新技術・田中氏の技術応用
  9. Grubbs第二世代触媒
  10. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、充電するたびに自己修復を繰り返し、電池性能の劣化を防ぐ…

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP