[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

スティーヴンス転位 Stevens Rearrangement

[スポンサーリンク]

窒素化合物 → 窒素化合物

概要

窒素に隣接した炭素原子に電子求引基をもつ第4級アンモニウム塩を強塩基で処理すると、アンモニウムイリドを経て第3級アミンへの転位が起こる。硫黄(スルホニウム塩)でも類似の反応が起こりうる。

基本文献

  • Stevens, T. S.; Creighton, E. M.; Gordon, A. B.; MacNicol, M. J. Chem. Soc. 1928, 3193.
  • Stevens, T. S. J. Chem. Soc. 1930, 2107.
  • Thomson, T.; Stevens, T. S. J. Chem. Soc. 1932, 55, 1926.
  • Pine, S. H. Org. React. 1970, 18, 403.
  • Marko, I. E. Comprehensive Organic Synthesis 19913, 913.

 

反応機構

Woodward-Hoffman則によればStevens転位は禁制である。このため、ホモリティック開裂を経たラジカルペア機構で進行すると考えられている。
steven2.gif

反応例

 

 

実験手順

 

 

実験のコツ・テクニック

 

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reactio…
  2. カルバメート系保護基 Carbamate Protection
  3. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald…
  4. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speie…
  5. シュガフ脱離 Chugaev Elimination
  6. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cr…
  7. スナップ試薬 SnAP Reagent
  8. アジフェーズ法 AJIPHASE Method

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 架橋シラ-N-ヘテロ環合成の新手法
  2. CV書いてみた:ポスドク編
  3. ジアゾメタン diazomethane
  4. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  5. 堂々たる夢 世界に日本人を認めさせた化学者・高峰譲吉の生涯
  6. 野崎・檜山・岸カップリング反応 Nozaki-Hiyama-Kishi (NHK) Coupling
  7. マタタビの有効成分のはなし
  8. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
  9. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation
  10. 鈴木 章 Akira Suzuki

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP