[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

スティーヴンス転位 Stevens Rearrangement

[スポンサーリンク]

窒素化合物 → 窒素化合物

概要

窒素に隣接した炭素原子に電子求引基をもつ第4級アンモニウム塩を強塩基で処理すると、アンモニウムイリドを経て第3級アミンへの転位が起こる。硫黄(スルホニウム塩)でも類似の反応が起こりうる。

基本文献

  • Stevens, T. S.; Creighton, E. M.; Gordon, A. B.; MacNicol, M. J. Chem. Soc. 1928, 3193.
  • Stevens, T. S. J. Chem. Soc. 1930, 2107.
  • Thomson, T.; Stevens, T. S. J. Chem. Soc. 1932, 55, 1926.
  • Pine, S. H. Org. React. 1970, 18, 403.
  • Marko, I. E. Comprehensive Organic Synthesis 19913, 913.

 

反応機構

Woodward-Hoffman則によればStevens転位は禁制である。このため、ホモリティック開裂を経たラジカルペア機構で進行すると考えられている。
steven2.gif

反応例

 

 

実験手順

 

 

実験のコツ・テクニック

 

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland De…
  2. 根岸クロスカップリング Negishi Cross Coupli…
  3. コープ転位 Cope Rearrangement
  4. 求核置換反応 Nucleophilic Substitution…
  5. ボロン酸触媒によるアミド形成 Amide Formation C…
  6. ストーク エナミン Stork Enamine
  7. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griff…
  8. ヒドロホルミル化反応 Hydroformylation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 5分でできる!Excelでグラフを綺麗に書くコツ
  2. アルドール・スイッチ Aldol-Switch
  3. 科学はわくわくさせてくれるものーロレアル-ユネスコ賞2015 PartII
  4. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏
  5. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発
  6. PACIFICHEM2010に参加してきました!②
  7. ピクテ・スペングラー反応 Pictet-Spengler Reaction
  8. ケミカルタイムズ 紹介記事シリーズ
  9. 大型期待の認知症薬「承認申請数年遅れる」 第一製薬
  10. ChemSketchで書く簡単化学レポート

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP