[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

高選択的な不斉触媒系を機械学習と「投票」で予測する

[スポンサーリンク]

2019年にこちらの記事でイリノイ大学・Scott E. Denmark教授らの三次元分子構造を用いた機械学習による不斉触媒反応における選択性予測を可能とするワークフロー[1]が紹介されています。その後、2022年に同教授がこれを用いた高不斉収率を示す触媒の開発に成功していましたので紹介します。今回はこのワークフローをそのまま使っただけでなく、「投票」を利用する、という工夫しています。

“High-Level Data Fusion Enables the Chemoinformatically Guided Discovery of Chiral Disulfonimide Catalysts for Atropselective Iodination of 2-Amino-6-arylpyridines.”

Rose, B. T.; Timmerman, J. C.; Bawel, S. A.; Chin, S.; Zhang, H.; Denmark, S. E.

J. Am. Chem. Soc. 2022, 144 (50), 22950-22964. DOI: 10.1021/jacs.2c08820

概要

機械学習を用いた触媒改良法の詳細[1]については、2019年記事をご覧ください。今回は、下に示すフェニルピリジン 1 のヨウ素化によって生じるアトロープ異性体 2 を不斉合成する新反応開発を試みているところに、この機械学習ワークフローを使って、最適な触媒 3d を見出すに至っています(図1上)。この反応の開発に取り組んだ理由は、創薬的な需要があるものの、現実的に有効な手段が無かったから、とのことです。

図1 今回の研究成果(上)と、関連する臭素化に関わる先行研究(下)

関連するエナンチオ選択的な臭素化反応は Miller, 秋山らによって開発されていました(図1下)。Denmark らの以前の検討[1]でも秋山らのキラルなリン酸触媒が良好な結果を与えていたため、最初はこれらの方法を参考にリン酸を試したものの、今回の系ではリン酸よりもスルホンイミド 3a を使った方がエナンチオ選択性 (enantiomeric ratio, er) が高いことがわかりました(図2)。しかし、条件検討ではエナンチオ選択性もこれ以上改善しなかった上に、基質によっては満足のいくエナンチオ選択性が得られなかったため、より選択性と汎用性の高い触媒を同定するために先述の機械学習を利用したワークフローを適用するに至ったようです。

図2 初期検討で見出した 3a を利用して調査したエナンチオ選択的なヨウ素化反応の基質適用範囲

方法

以下のフローで実施しています。詳細は2019年記事に詳しく書かれていますので割愛します。

  1. 触媒構造の Core を生成(MMとDFT計算を利用):ビナフチル 3 と水素化ビナフチル 4 を選択
  2. 739個の置換基から 1478個のバーチャル触媒ライブラリーを創出(ccheminfolibとpythonを利用)
  3. 最適化(Maestro)、配座の発生(OPLS3e)、調節(Maestroで計算をするのにNHをBHにしていたのをNHに戻す)
  4. 前報[1]で利用していた記述子:平均立体占有率(ASO, 1Å格子)を計算(+電子状態の配慮)
  5. K-平均クラスタリングによって 21個の触媒候補(ユニバーサルトレーニングセット)を選出、そのうち合成可能な18種の合成に成功(図3)

図3 ライブラリからクラスタリングによって選出、合成した18の触媒

 

結果

実際に合成した触媒18種 x 基質13種類の 234 実験を実施し、図4に示す結果を得ています。さすがに人力ではなく、反応はハイスループット装置で、解析は二次元LCで実施しています。

図 4 UTS(触媒)を利用した不斉反応の結果。縦軸は鏡像体過剰率(ee)。図は論文[1]より引用。

この実験結果をもとにした機械学習によって4s, 4u, 4t の3つの触媒がよいと求められました。いくつかの基質に対しては高いエナンチオ選択性が予想できるものだったものの、期待に反して、いずれの触媒も一般性が低い結果となりました(図5)。

図 5 機械学習によって提案された触媒3つ。しかし、予想された基質一般性は期待したよりも低かった。グラフは論文[1]より引用。

また、さまざまな回帰方法をためしてもこの点は改善しなかったことから、基質の種類に応じた特定の相互作用が加味されていないと筆者らは考え、「投票制」によって最適な触媒を選ぶこととしました。すなわち、基質ひとつひとつが「投票者」となって、UTSを用いた実験結果を利用して、一つの基質に関して最も優れた結果を与える触媒を1478個のバーチャル触媒の中から選出し、その投票数の順に触媒を選んでいく、という方法です。13人の基質が投票した結果、得票数を最も多く集めた触媒として 3d, 4w, 4x が選出されました(図6)。

図 6 投票の結果。グラフは論文[1]より引用。

この三つの中でも最も合成しやすい 3d を用いて触媒反応を実施したところ、投票人のみならず、それ以外の基質に対しても良好な結果を与えることがわかりました(図7)。図2に示した 2a2b の合成における選択性も改善されています(2a 91:9→96:4)(2b 82:18→96:4)。

図7 最適な触媒 3d を使った時の基質適用範囲。下段は投票人以外の基質。

私見

  • 前報をうまく使って触媒の改良をしようとして、うまくいった結果のみならず、初期の使い方の失敗やその解決のプロセス(投票の考案など)は、機械学習を利用した化学研究における考え方として示唆に富んでいる。
  • ある程度、適用しやすい反応の種類を選んで検証している。この方法の前提としてある程度の実験量が必要なことからハイスループットな反応実施と解析法が揃っていることが必要。
  • 研究の進展に伴って計算方法や反応条件の微調整がなされている。詳細は不明だが、時間や手間の問題もあるのでこのあたりの事情は理解できなくもない。

関連記事

参考文献

  1.  (a) Zahrt, A. F.; Henle, J. J.; Rose, B. T.; Wang, Y.; Darrow, W. T.; Denmark, S. E. Science 2019, 363, eaau5631. DOI: 10.1126/science.aau5631 (2) Reivew: Rinehart, N. I.; Zahrt, A. F.; Henle, J. J.; Denmark, S. E. Acc. Chem. Res. 2021, 54 , 2041-2054. DOI: 10.1021/acs.accounts.0c00826 

Naka Research Group

投稿者の記事一覧

研究グループで話題となった内容を紹介します

関連記事

  1. 水分子が見えた! ー原子間力顕微鏡を用いた水分子ネットワークの観…
  2. 第21回ケムステVシンポ「Grubbs触媒が導く合成戦略」を開催…
  3. 穴の空いた液体
  4. 蒲郡市生命の海科学館で化学しようよ
  5. THE PHD MOVIE
  6. えれめんトランプをやってみた
  7. 局所的な“粘度”をプローブする羽ばたくFLAP蛍光分子
  8. 生きたカタツムリで発電

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2020年ケムステ人気記事ランキング
  2. アントンパール 「Monowave300」: マイクロ波有機合成の新武器
  3. 地方の光る化学企業 ~根上工業殿~
  4. SNSコンテスト企画『集まれ、みんなのラボのDIY!』~結果発表~
  5. センター試験を解いてみた
  6. 春田 正毅 Masatake Haruta
  7. 【速報】HGS 分子構造模型「 立体化学 学生用セット」販売再開!
  8. 乙卯研究所 研究員募集
  9. 2009アジアサイエンスキャンプ・参加者募集中!
  10. フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP