[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースU

  1. ウルマンエーテル合成 Ullmann Ether Synthesis

    アルコール , ハロゲン化合物→ エーテル概要フェノール・アルコール類とアリールハライドから、銅源存在下にてアリールエーテルを合成する手法。適切な配位子を用いることで、銅を触媒量に減ずることも可能であ…

  2. 植村酸化 Uemura Oxidation

    概要酢酸パラジウム-ピリジン触媒存在下に、アルコールを酸素酸化する手法。…

  3. ウギ反応 Ugi Reaction

    アルデヒド・ケトン、イソニトリル、カルボン酸、アミン → アミド概要アルデヒド・イソニトリル…

  4. ウルマンカップリング Ullmann Coupling

    概要 金属銅を用いるアリールハライド類の還元的カップリング。ビアリール化合物を得るための手…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発
  2. スルホニルフルオリド
  3. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う
  4. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III
  5. 新薬と併用、高い効果
  6. 活性マグネシウム
  7. ベリリウム Beryllium -エメラルドの成分、宇宙望遠鏡にも利用

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP