[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースU

  1. ウルマンエーテル合成 Ullmann Ether Synthesis

    アルコール , ハロゲン化合物→ エーテル概要フェノール・アルコール類とアリールハライドから、銅源存在下にてアリールエーテルを合成する手法。適切な配位子を用いることで、銅を触媒量に減ずることも可能であ…

  2. 植村酸化 Uemura Oxidation

    概要酢酸パラジウム-ピリジン触媒存在下に、アルコールを酸素酸化する手法。…

  3. ウギ反応 Ugi Reaction

    アルデヒド・ケトン、イソニトリル、カルボン酸、アミン → アミド概要アルデヒド・イソニトリル…

  4. ウルマンカップリング Ullmann Coupling

    概要 金属銅を用いるアリールハライド類の還元的カップリング。ビアリール化合物を得るための手…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazole Synthesis
  2. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  3. 白リン / white phosphorus
  4. ビス[α,α-ビス(トリフルオロメチル)ベンゼンメタノラト]ジフェニルサルファー : Bis[alpha,alpha-bis(trifluoromethyl)benzenemethanolato]diphenylsulfur
  5. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody
  6. 光親和性標識法の新たな分子ツール
  7. 燃えないカーテン

注目情報

最新記事

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

PAGE TOP