[スポンサーリンク]

M

マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenation

[スポンサーリンク]

 

概要

p-トルイル酸エステルを経てラジカル還元条件でアルコールを脱酸素化する手法。

Barton-McCombie反応に比べ、安定な前駆体を使う事ができ、反応完結も速く条件も温和、また毒性が高く除去が難しい有機スズを使わなくてもよいというメリットが有る。

基本文献

 

反応機構

アルキルラジカル中間体は環化などさらなる化学変換へと伏すことも可能。
marko_lam_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ビンゲル反応 Bingel Reaction
  2. 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction…
  3. コーンブルム ニトロ化反応 Kornblum Nitoratio…
  4. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (…
  5. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald…
  6. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synt…
  7. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduc…
  8. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidati…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  2. JAMSTEC、深度1万900mに棲むエビから新酵素を発見 – バイオ燃料応用に期待
  3. 脈動がほとんどない小型精密ポンプ:スムーズフローポンプQシリーズ
  4. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用
  5. 分子光化学の原理
  6. アルドール・スイッチ Aldol-Switch
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④
  8. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement
  9. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞
  10. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP