[スポンサーリンク]

M

マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenation

[スポンサーリンク]

 

概要

p-トルイル酸エステルを経てラジカル還元条件でアルコールを脱酸素化する手法。

Barton-McCombie反応に比べ、安定な前駆体を使う事ができ、反応完結も速く条件も温和、また毒性が高く除去が難しい有機スズを使わなくてもよいというメリットが有る。

基本文献

 

反応機構

アルキルラジカル中間体は環化などさらなる化学変換へと伏すことも可能。
marko_lam_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxi…
  2. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hyd…
  3. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidati…
  4. 金属カルベノイドのC-H挿入反応 C-H Insertion o…
  5. 永田試薬 Nagata Reagent
  6. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxind…
  7. ジェイコブセン速度論的光学分割加水分解 Jacobsen Hyd…
  8. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Prot…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule
  2. 個性あるジャーナル表紙
  3. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene
  4. 上村 大輔 Daisuke Uemura
  5. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  6. 6年越しで叶えた“海外と繋がる仕事がしたい”という夢
  7. アルゴン (argon; Ar)
  8. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  9. iPadで計算化学にチャレンジ:iSpartan
  10. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric Acid

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【書籍】電気化学インピーダンス 数式と計算で理解する基礎理論

(↓kindle版)概要インピーダンス測定の結果をいかに解釈すべきか.その理…

国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当…

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP