[スポンサーリンク]

M

マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenation

[スポンサーリンク]

 

概要

p-トルイル酸エステルを経てラジカル還元条件でアルコールを脱酸素化する手法。

Barton-McCombie反応に比べ、安定な前駆体を使う事ができ、反応完結も速く条件も温和、また毒性が高く除去が難しい有機スズを使わなくてもよいというメリットが有る。

基本文献

 

反応機構

アルキルラジカル中間体は環化などさらなる化学変換へと伏すことも可能。
marko_lam_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefi…
  2. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimrot…
  3. チチバビン反応 Chichibabin Reaction
  4. アマドリ転位 Amadori Rearrangement
  5. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  6. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement
  7. オルトメタル化 Directed Ortho Metalatio…
  8. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ピラーアレーン
  2. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demercuration
  3. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授
  4. モンサント、住友化学 雑草防除で協力強化
  5. 世界初!うつ病が客観的に診断可能に!?
  6. OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?
  7. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation
  8. エネルギーの襷を繋ぐオキシムとアルケンの[2+2]光付加環化
  9. サイコロを作ろう!
  10. ホウ素ーホウ素三重結合を評価する

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?

近年、中高生向けの科学プログラムやコンテストがいっそうの充実を見せています。未来の化学者育成に少なか…

ニトリル手袋は有機溶媒に弱い?

化学実験の際に一般的に着用されるニトリル製手袋は、有機溶媒を貫通させます。そのため、手袋を着用した手…

「化学と工業」読み放題になったの知ってますか?+特別キャンペーン

日本化学会会員の皆様に朗報です。会員が毎月届けられる「化学と工業」誌。じっくり読む人、パラパ…

第18回ケムステVシンポ『”やわらか電子材料” 有機半導体の世界』を開催します!

こんにちは、Spectol21です。作日、第16回ケムステVシンポが開催され、来週には第17回ケムス…

有機合成化学協会誌2021年6月号:SGLT2阻害薬・シクロペンチルメチルエーテル・4-メチルテトラヒドロピラン・糖-1-リン酸・新規ホスホジエステラーゼ阻害薬

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年6月号がオンライン公開されました。新…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP