[スポンサーリンク]

M

マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenation

 

概要

p-トルイル酸エステルを経てラジカル還元条件でアルコールを脱酸素化する手法。

Barton-McCombie反応に比べ、安定な前駆体を使う事ができ、反応完結も速く条件も温和、また毒性が高く除去が難しい有機スズを使わなくてもよいというメリットが有る。

基本文献

 

反応機構

アルキルラジカル中間体は環化などさらなる化学変換へと伏すことも可能。
marko_lam_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Me…
  2. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefi…
  3. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation…
  4. ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-…
  5. シュミット転位 Schmidt Rearrangement
  6. ピクテ・スペングラー反応 Pictet-Spengler Rea…
  7. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyd…
  8. ウルフ・デッツ反応 Wulff-Dotz Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement
  2. グラフィカルアブストラクト付・化学系ジャーナルRSSフィード
  3. シュプリンガー・ジャパン:生化学会書籍展示ケムステ特典!
  4. 工業製品コストはどのように決まる?
  5. Chemical Science誌 創刊!
  6. 四角い断面を持つナノチューブ合成に成功
  7. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約
  8. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  9. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Reagent
  10. 「炭素-炭素結合を切って組み替える合成」テキサス大学オースティン校・Dong研より

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP