[スポンサーリンク]

M

マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenation

 

概要

p-トルイル酸エステルを経てラジカル還元条件でアルコールを脱酸素化する手法。

Barton-McCombie反応に比べ、安定な前駆体を使う事ができ、反応完結も速く条件も温和、また毒性が高く除去が難しい有機スズを使わなくてもよいというメリットが有る。

基本文献

 

反応機構

アルキルラジカル中間体は環化などさらなる化学変換へと伏すことも可能。
marko_lam_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ビギネリ反応 Biginelli Reaction
  2. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne
  3. レギッツジアゾ転移 Regitz Diazo Transfer
  4. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction
  5. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reactio…
  6. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylatio…
  7. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  8. ライセルト インドール合成 Reissert Indole Sy…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg
  2. 極小の「分子ペンチ」開発
  3. シュレンクフラスコ(Schlenk flask)
  4. 光親和性標識 photoaffinity labeling (PAL)
  5. 材料費格安、光触媒型の太陽電池 富大教授が開発、シリコン型から脱却
  6. トム・メイヤー Thomas J. Meyer
  7. 官営八幡製鐵所関連施設
  8. ノーベル賞いろいろ
  9. 真島利行系譜
  10. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第190回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP