[スポンサーリンク]

archives

トップデザイン変更

数年ぶりにトップページをマイナーチェンジしました。新たにWebデザイナーをスタッフに迎えた為です。あとは代表がもうちょっと睡眠時間を削ってがんばるのみw。結構限界は近づいていますが。

機能も見た目も充実したクールな化学ポータルサイトとして今後も精進していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ODOOSをリニューアル!
  2. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  3. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】
  4. ベンゾ[1,2-b:4,5-b’]ジチオフェン:Be…
  5. ラボからのスケールアップ再現性手法【終了】
  6. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】
  7. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました
  8. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentation
  2. ケージド化合物 (caged compound)
  3. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin
  4. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser
  5. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する
  6. ジャスティン・デュボア Justin du Bois
  7. 武田薬品、14期連続で営業最高益に
  8. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】
  9. ALSの新薬「ラジカット」試してます
  10. 文献検索サイトをもっと便利に:X-MOLをレビュー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP