[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ウルマンエーテル合成 Ullmann Ether Synthesis

[スポンサーリンク]

アルコール , ハロゲン化合物→ エーテル

 

概要

フェノール・アルコール類とアリールハライドから、銅源存在下にてアリールエーテルを合成する手法。

適切な配位子を用いることで、銅を触媒量に減ずることも可能である。Buchwald-Hartwig反応に比べ、高価なパラジウムを使用する必要が無い点で優れている。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

触媒量の銅を用いるUllmannエーテル合成[1]:脂肪族アルコールも適用可能。
ullmann_ether_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Altman, R. A.; Shafir, A.; Choi, A.; Lichtor, P. A.; Buchwald, S. L. J. Org. Chem. 2008, 73, 284. DOI: 10.1021/jo702024p

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland De…
  2. シャープレス不斉ジヒドロキシル化 Sharpless Asyem…
  3. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reactio…
  4. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC …
  5. ハロホルム反応 Haloform Reaction
  6. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerizati…
  7. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearr…
  8. シュミット転位 Schmidt Rearrangement

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Carl Boschの人生 その4
  2. アリルオキシカルボニル保護基 Alloc Protecting Group
  3. リベロマイシンA /Reveromycin A
  4. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrangement
  5. 論文のチラ見ができる!DeepDyve新サービス開始
  6. 第3回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  7. 「ラブ・ケミストリー」の著者にインタビューしました。
  8. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andrew Mitchinson博士
  9. ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成
  10. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

お前はもう死んでいる:不安定な試薬たち|第4回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第60回―「エネルギー・環境化学に貢献する金属-有機構造体」Martin Schröder教授

第60回の海外化学者インタビューは、マーティン・シュレーダー教授です。ノッティンガム大学化学科(訳注…

炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお…

第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

第59回の海外化学者インタビューは日本から、清水敏美 教授です。独立行政法人産業技術総合研究所(AI…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP