[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

安積徹 Tohru Azumi

安積徹(あづみとおる、1934.9.7 –2009.12.12)は、日本の物理化学者。父・安積宏(あづみひろし)もまた東北大学で教授をつとめた物理化学者である。

 

略歴

1953 東北大学理学部化学科
1957 東北大学理学系大学院化学専門課程
1961-1963 ルイジアナ州立大学大学院・留学(フルブライト奨学金)
1965 東京大学物性研究所・伊藤光男研究室・助手
1969 東北大学理学部化学科・助教授
1986 東北大学理学部化学科・教授
1995 東北大学理学系大学院化学専門課程・教授
1998 ミネソタ州立大学秋田校・教授
2004 秋田・国際教養大学・客員教授

 

受賞

1967 日本化学会・進歩賞「分子の励起3重項状態の分光学的研究」
1998 日本化学会・学会賞「新しいスピン分光法の開発と常磁性化学種の構造、ダイナミクス、反応の研究」

 

コメント

安積先生がお書きになった、「学部学生のための量子化学講義ノート」は分子科学会によってWeb上で公開されています。大学の講義等で参考にした方もいるのではないでしょうか。

御存じない方も、ちらりと見てみるのはいかがでしょうか。この講義ノート中の「coffee break」を眺めてみるとしみじみ面白いです。

 

関連リンク

The following two tabs change content below.

ferrocene

最新記事 by ferrocene (全て見る)

関連記事

  1. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman…
  2. テッド・ベグリーTadhg P. Begley
  3. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu
  4. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  5. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt II…
  6. デヴィッド・レイ David A. Leigh
  7. アンソニー・スペック Anthony L. Spek
  8. ジャクリン・バートン Jacqueline K. Barton

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その2
  2. タンパクの「進化分子工学」とは
  3. 模型でわかる【金属錯体型超分子】
  4. Aza-Cope転位 Aza-Cope Rearrangement
  5. ブルック転位 Brook Rearrangement
  6. 呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委
  7. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman
  8. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  9. 農薬DDTが大好きな蜂
  10. 私がケムステスタッフになったワケ(3)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

PAGE TOP