[スポンサーリンク]

M

マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrangement

[スポンサーリンク]

 

概要

N-オキシド化合物は加熱条件下に[1,2]もしくは[2,3]転位を起こす。

 

基本文献

  • Meisenheimer, J. Ber. 1919, 52B, 1667.
  • Meisenheimer, J. Ber. 1922, 55B, 512.
  • Albini, A. Synthesis 1993, 263. DOI: 10.1055/s-1993-25843

 

反応機構

[1,2]転位の場合は、ホモリティック開裂-結合機構で、[2,3]転位の場合はシグマトロピー機構で進むとされる。Wittig転位も参照。
meisenheimer_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  2. ピナコールカップリング Pinacol Coupling
  3. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Com…
  4. 奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Redu…
  5. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Prot…
  6. マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenati…
  7. オルトメタル化 Directed Ortho Metalatio…
  8. 脱離反応 Elimination Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得
  2. スコット・デンマーク Scott E. Denmark
  3. NHKアニメ『エレメントハンター』 2009年7月スタート!
  4. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Salt
  5. 3Mとはどんな会社?
  6. 軸不斉のRとS
  7. 化学と株価
  8. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)
  9. 黎书华 Shuhua Li
  10. 第7回日本化学会東海支部若手研究者フォーラム

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

開講期間令和3(2021)年  9月8日(水)、9日(木)(計2日間)※状況により、we…

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP