[スポンサーリンク]

M

マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrangement

[スポンサーリンク]

 

概要

N-オキシド化合物は加熱条件下に[1,2]もしくは[2,3]転位を起こす。

 

基本文献

  • Meisenheimer, J. Ber. 1919, 52B, 1667.
  • Meisenheimer, J. Ber. 1922, 55B, 512.
  • Albini, A. Synthesis 1993, 263. DOI: 10.1055/s-1993-25843

 

反応機構

[1,2]転位の場合は、ホモリティック開裂-結合機構で、[2,3]転位の場合はシグマトロピー機構で進むとされる。Wittig転位も参照。
meisenheimer_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ベンザイン Benzyne
  2. マイヤース・斉藤環化 Myers-Saito Cyclizati…
  3. ピクテ・スペングラー反応 Pictet-Spengler Rea…
  4. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz …
  5. ラロック インドール合成 Larock Indole Synth…
  6. ビシュラー・メーラウ インドール合成 Bischler-Mohl…
  7. カルボン酸の保護 Protection of Carboxyli…
  8. 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アンリ・カガン Henri B. Kagan
  2. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授
  3. アントシアニン / anthocyanin
  4. 複数のイオン電流を示す人工イオンチャネルの開発
  5. 電子デバイス製造技術 ーChemical Times特集より
  6. 研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)
  7. ヘイオース・パリッシュ・エダー・ザウアー・ウィーチャート反応 Hajos-Parrish-Eder-Sauer-Wiechert Reaction
  8. テトラサイクリン類の全合成
  9. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る
  10. アミン存在下にエステル交換を進行させる触媒

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP