[スポンサーリンク]

M

マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrangement

 

概要

N-オキシド化合物は加熱条件下に[1,2]もしくは[2,3]転位を起こす。

 

基本文献

  • Meisenheimer, J. Ber. 1919, 52B, 1667.
  • Meisenheimer, J. Ber. 1922, 55B, 512.
  • Albini, A. Synthesis 1993, 263. DOI: 10.1055/s-1993-25843

 

反応機構

[1,2]転位の場合は、ホモリティック開裂-結合機構で、[2,3]転位の場合はシグマトロピー機構で進むとされる。Wittig転位も参照。
meisenheimer_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Ami…
  2. 縮合剤 Condensation Reagent
  3. ヘイオース・パリッシュ・エダー・ザウアー・ウィーチャート反応 H…
  4. マクミラン触媒 MacMillan’s Cataly…
  5. ブーボー・ブラン還元 Bouveault-Blanc Reduc…
  6. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quino…
  7. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ket…
  8. パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第一三共/イナビルをインフルエンザ予防申請
  2. アルコール依存症患者の救世主現る?
  3. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe Olefination
  4. ミニスキ反応 Minisci Reaction
  5. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjaszewski
  6. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (2)
  7. Dead Ends And Detours: Direct Ways To Successful Total Synthesis
  8. キッチン・ケミストリー
  9. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定
  10. 『ほるもん-植物ホルモン擬人化まとめ-』管理人にインタビュー!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP