[スポンサーリンク]

M

マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrangement

 

概要

N-オキシド化合物は加熱条件下に[1,2]もしくは[2,3]転位を起こす。

 

基本文献

  • Meisenheimer, J. Ber. 1919, 52B, 1667.
  • Meisenheimer, J. Ber. 1922, 55B, 512.
  • Albini, A. Synthesis 1993, 263. DOI: 10.1055/s-1993-25843

 

反応機構

[1,2]転位の場合は、ホモリティック開裂-結合機構で、[2,3]転位の場合はシグマトロピー機構で進むとされる。Wittig転位も参照。
meisenheimer_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Rea…
  2. ペイン転位 Payne Rearrangement
  3. ストーク エナミン Stork Enamine
  4. ジェイコブセン・香月エポキシ化反応 Jacobsen-Katsu…
  5. シモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reactio…
  6. スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Sy…
  7. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griff…
  8. ミズロウ・エヴァンス転位 Mislow-Evans Rearra…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(pyridine)iodonium Tetrafluoroborate
  2. 水素結合の発見者は誰?
  3. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  4. ライセルト反応 Reissert Reaction
  5. ビニグロールの全合成
  6. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle
  7. 史上最強の塩基が合成される
  8. ダウ・ケミカル、液晶パネル用化学品をアジア生産へ
  9. 2014年ケムステ記事ランキング
  10. ビス[α,α-ビス(トリフルオロメチル)ベンゼンメタノラト]ジフェニルサルファー : Bis[alpha,alpha-bis(trifluoromethyl)benzenemethanolato]diphenylsulfur

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

PAGE TOP