[スポンサーリンク]


アライン

  1. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

    ニール・K・ガーグ(Neil K. Garg、1978年12月18日–)は米国の有機化学者である。カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授経歴2000 ニューヨーク大学 学士号取得 (Marc Walters 教授)2005 カ…

  2. アライン種の新しい発生法

    第90回のスポットライトリサーチは、東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻(細谷…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 芳香族トリフラートからアリールラジカルを生成する
  2. 第16回 教科書が変わる心躍る研究を目指すー野崎京子教授
  3. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」
  4. Reaxys Prize 2012受賞者決定!
  5. 科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”
  6. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction
  7. 多才な補酵素:PLP

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

ケムステーションをご覧の方々、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます…

【日産化学】新卒採用情報(2022卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

PAGE TOP