[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

[スポンサーリンク]

ニール・K・ガーグ(Neil K. Garg19781218–)は米国の有機化学者である。カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授

経歴

2000 ニューヨーク大学 学士号取得 (Marc Walters 教授)
2005 カリフォルニア工科大学 博士号取得 (Brian Stoltz 教授)
2005–2007 カリフォルニア大学アーバイン校 博士研究員 (Larry Overman 教授)
2007–2012 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 助教授
2012–2013 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 准教授
2013– カリフォルニア大学ロサンゼルス校 教授

受賞歴

1999 National Science Foundation Research Experience for Undergraduates Fellowship
1999 New York University Outstanding Teaching Assistant Award
2000 American Institute of Chemists Prize
2000 George Granger Brown Scholarship Award in Chemistry
2000 Phi Beta Kappa
2001-2004 National Defense Science & Engineering Graduate Fellowship
2002 Dow Chemical Company Travel Fellowship
2005 Herbert Newby McCoy Thesis Award at the California Institute of Technology
2005-2006 National Institutes of Health Postdoctoral Fellowship
2006-2010 National Institutes of Health Pathway to Independence Award
2008 UCLA Faculty Research Grant
2008 UCLA Faculty Career Development Award
2009 Boehringer Ingelheim New Investigator Award
2010 UCLA Faculty Research Grant
2010 Thieme Chemistry Journal Award
2010 NSF CAREER Award
2010 DuPont Young Professor Award
2010 Eli Lilly Grantee Award
2011 Amgen Young Investigator Award
2011 AstraZeneca Excellence in Chemistry Award
2011 UCLA Herbert Newby McCoy Award
2011 UCLA Hanson–Dow Award for Excellence in Teaching
2012 Roche Excellence in Chemistry Award
2012 Glenn T. Seaborg Award
2012 A. P. Sloan Research Fellowship
2012 ACS Green Chemistry Institute Pharmaceutical Roundtable Grantee Award
2012 S. T. Li Prize for Achievements in Science and Technology
2013 Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
2013 UCLA Bruinwalk’s Professor of the Year
2013 Bristol-Myers Squibb Unrestricted Grant in Synthetic Organic Chemistry
2014 Dr. Robert Stevenson Faculty-in-Residence Award, UCLA Office of Residential Life
2014 Mortar Board National Honors Society, UCLA Honorary Faculty Member Award
2014 UCLA Distinguished Teaching Award & Eby Award for the Art of Teaching
2015 Arthur C. Cope Scholar Award
2015-2016 Novartis Chemistry Lectureship
2015 UCLA Gold Shield Faculty Prize
2015 UCLA Herbert Newby McCoy Award
2015 California’s US Professor of the Year, Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching
2016 Tetrahedron Young Investigator Award
2016 Thieme-IUPAC Prize
2016 Guggenheim Fellowship
2016 Royal Society of Chemistry’s Merck Award
2016 Mitsui Chemicals Catalysis Science Award of Encouragement
2017 Elias J. Corey Award for Outstanding Original Contribution in Organic Synthesis, American Chemical Society
2018 Robert Foster Cherry Award for Great Teaching

研究概要

遷移金属触媒を用いた新規カップリング反応の開発

主にNi触媒を用い、従来にない求電子剤を用いたカップリング反応を数多く報告している。特に、フェノール誘導体[1a-c]や、アミド[1d-f]を求電子剤に用いた種々のカップリング反応において多くの成果を残している。また、空気に不安定なニッケル触媒Ni(cod)2を空気中でも取り扱い可能とする、ワックスカプセル-Ni(cod)2を開発した[1g]

天然物の全合成

主にインドールアルカロイドに焦点を当て、独自に開発した合成戦略を用いて天然物の全合成を行っている。

アライン中間体の歪みを利用し、インドール[2a]、ピリジン[2b]に対し位置選択的に官能基を導入する手法を開発した。本手法を用いて、indolactam類、welwitindolinone類やtubingensin A,Bの全合成を報告している。

フィッシャーインドール合成法を、イミン中間体に対し求核剤を作用させる戦略により、縮環インドリンを得る手法へ拡張した(Interrupted Fischer indolization)[3a]。本手法を用いたakuammiline類の合成をいくつか報告している。

名言集

動画

コメント&その他

  • Stoltz研時代には、Sarpong教授(当時博士研究員・現・カリフォルニアバークレー校教授)らと共にdragmacidin類の合成を行っていた[4]。そのうち、dragmacidin Dの初の全合成に関する論文は、Garg、Sarpong、Stolzと天然物合成を牽引する3人が著者である。

  • 教育にも非常に力を入れており、彼の学部生向けの有機化学に関する講義(Chem 14D)は”UCLAでもっとも愛される講義”と評価されている(アメリカの人気俳優ジェームズ・フランコの講義より人気だとか)。その講義では、学生は有機化学に関する音楽動画の作成を行い、そのうちいくつかの動画はGarg研究室のウェブサイトにアップされている。世界の著名人が講演を行う、TEDでも講演し、動画が配信されている(2つ目の動画)。また、有機化学を大衆文化と結びつけて理解を深める、BACON(Biology and Chemistry Online Notes)というオンライン教育システムを確立した。
  • 有機化学の基礎を楽しく学ぶためのアプリを開発した。Baackside Attack
  • 子供向けの有機化学の絵本も出版している。著者はGargと、Gargの二人の娘である。The Organic Coloring Book

関連文献

  1. (a) Quasdorf, K. W.; Tian, X.; Garg, N. K. J. Am. Chem. Soc.2008, 130, 14422. DOI: 10.1021/ja806244b(b) Quasdorf, K. W.; Riener, M.; Petrova, K. V.; Garg, N. K. J. Am. Chem. Soc.2009, 131, 17748. DOI: 10.1021/ja906477r(c) Ramgren,S. D.; Silberstein, A. L.; Yang, Y.; Garg, N. K. Angew. Chem., Int. Ed.2011,50, 2171. DOI: 10.1002/anie.201007325(d) Hie, L.; Fine, N. F.; Nathel, Shah, T. K.; Baker, E. L.; Hong, X.; Yang, Y.-F.; Liu, P.; Houk, K. N.; Garg, N. K. Nature2015, 524, 79. DOI: 10.1038/NATURE14615(e) Weires, N. A.; Baker, E. L.; Garg, N. K. Nat. Chem.2016, 8, 75. DOI: 10.1038/NCHEM.2388(f) Dander, J. E.; Garg, N. K. ACS Catal.2017, 7, 1413. DOI: 10.1021/acscatal.6b03277(g) Dander, J. E.; Weires, N. A.; Garg, N. K. Org. Lett.2016, 18, 3934. DOI: 10.1021/acs.orglett.6b01758
  2. (a) Im, G-Y. J.; Bronner, S. M.; Goetz, A. E.; Paton, R. S.; Cheong, P. H.-Y.; Houk, K. N.; Garg, N. K. J. Am. Chem. Soc.2010, 132, 17933. DOI: 10.1021/ja1086485(b) Goetz, A. E.; Garg, N. K. Nat. Chem.2013, 5, 54. DOI: 10.1038/NCHEM.1504(c) Bronner, S. M.; Goetz, A. E.; Garg, N. K. J. Am. Chem. Soc.2011, 133, 3832. DOI: 10.1021/ja200437g(d)Huters, A. D.; Quasdorf, K. W.; Styduhar, E. D.; Garg, N. K. J. Am. Chem. Soc.2011, 133, 15797. DOI: 10.1021/ja206538k(e) Corsello, M. A.; Kim, J.; Garg, N. K. Nat. Chem.2017, 9, 944. DOI: 10.1038/NCHEM.2801
  3. (a) Boal, B. W.; Schammel, A. W.; Garg, N. K. Org. Lett.2009, 11, 3458. DOI: 10.1021/ol901383j(b) Zu, L.; Boal, B. W.; Garg, N. K. J. Am. Chem. Soc.2011, 133, 8877. DOI: 10.1021/ja203227q(c) Smith, J. M.; Moreno, J.; Boal, B. W.; Garg, N. K. J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 4504. DOI: 10.1021/ja501780w(d) Moreno, J.; Picazo, E.; Morrill, L. A.; Smith, J. M.; Garg, N. K. J. Am. Chem. Soc.2016, 138, 1162. DOI: 10.1021/jacs.5b12880
  4.  Garg, N. K.; Sarpong, R.; Stoltz. B. M. J. Am. Chem. Soc.2002, 124, 13179. DOI: 10.1021/ja027822b

関連リンク

The following two tabs change content below.
山口 研究室
早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian
  2. ドナルド・トマリア Donald Tomalia
  3. サン・タン San H. Thang
  4. 上村 大輔 Daisuke Uemura
  5. 稲垣伸二 Shinji Inagaki
  6. ジョージ・フェール George Feher
  7. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama
  8. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「人工タンパク質ケージを操る」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Hilvert研より
  2. EU、玩具へのフタル酸エステル類の使用禁止
  3. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)(CO)3 Complex
  4. Chem-Stationついに7周年!
  5. 「医薬品クライシス」を読みました。
  6. インドールの触媒的不斉ヒドロホウ素化反応の開発
  7. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?
  8. ファイトスルフォカイン (phytosulfokine)
  9. 酒石酸にまつわるエトセトラ
  10. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP