[スポンサーリンク]


アート

  1. 化学にインスパイアされたジュエリー

    (写真はSan Francisco Chrornicleより引用) Made With Moleculeというサイトでは、分子構造をモチーフとした銀製アクセサリーを販売しています。価格は$75~$130程度とお手頃。今では年間2000セ…

  2. 磁性流体アートの世界

    今回は化学、というよりは芸術寄りの話題をば。磁性流体(Ferrofluid)とは、流体であり…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 微生物の電気でリビングラジカル重合
  2. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート
  3. ルテニウム触媒を用いたcis選択的開環メタセシス重合
  4. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  5. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー基礎的な研究背景編
  6. メリークリスマス☆
  7. 有機反応機構の書き方

注目情報

最新記事

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

PAGE TOP