[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

[スポンサーリンク]

ブレンステッド酸とシリルケテンアセタールを組み合わせてルイス酸として機能させることで、α,β-不飽和エステルを求電子剤とした触媒的不斉向山–マイケル反応が達成された。

α,β-不飽和エステルを用いた不斉マイケル付加反応

エノラート等価体のα,β-不飽和カルボニル化合物へのマイケル付加反応(1,4付加反応)は広く利用されている炭素–炭素結合形成反応であり、近年は不斉触媒を用いた不斉マイケル付加反応の研究が盛んに行われている。

これまでα,β-不飽和カルボニル化合物を用いた触媒的不斉マイケル付加反応の開発がなされてきた。α,β-不飽和カルボニル化合物の中でもα,β-不飽和エステルは求電子性が低いため[1]、当該反応において挑戦的な基質とされてきた。

これまでにエノラートを求核剤とする不斉マイケル付加反応として、不斉相間移動触媒[2a]、不斉ブレンステッド塩基[2b]、そしてエナミン経由型の不斉有機触媒[2c]を用いる手法が報告されてきた(図1A)。

一方で、シリルエノールエーテルおよびシリルケテンアセタールを求核剤に用いる触媒的不斉向山–マイケル反応の報告はない。シリルエノールエーテルの求核性が低いため、如何にα,β-不飽和エステルの求電子性を活性化しつつ立体選択性を制御するかが重要となる。

オキサザボロリジン誘導体をルイス酸触媒に用いてα,β-不飽和エステルを活性化する不斉反応が知られるが、フルオロアルキルエステルなどの活性なエステルを用いる必要がある[3]。原子効率および工程数の観点からメチルエステルなどの一般的なアルキルエステルを直接活性化できる効率的な不斉触媒の開発が望まれる。

今回Listらは、独自に開発した強力なブレンステッド酸であるイミドジホスホリミダート(IDPi)とシリルケテンアセタール(SKA)から生成するシリリウムルイス酸を不斉触媒として、SKAとα,β-不飽和メチルエステルとの不斉向山–マイケル反応の開発に成功したので紹介する(図1B)。

図1. α,β-不飽和エステルへの不斉マイケル付加反応

 

論文著者の紹介

研究者:Benjamin List
1993 Diploma, Free University of Berlin
1997 Ph.D., University of FrankFurt (Prof. J. Mulzer)
1997-1998 Posdoc, Scripps Research Institute, USA (Prof. R. Lerner)
1999-2003 Assistant Professor (Tenure Track), Scripps Research Institute, USA
2003-2005 Group Leader at Max Planck Institute for Coal Research
2005- Director at Max Planck Institute for Coal Research

研究内容:有機触媒反応および不斉有機触媒の開発

論文の概要

本反応は触媒量のIDPi存在下、α,β-不飽和メチルエステルとSKAをシクロヘキサン溶媒中0 °Cで反応させることにより、高エナンチオ選択的にマイケル付加が進行する。非脱水溶媒を用いた場合や空気下であっても反応は円滑に進行する。α,β-不飽和メチルエステルとしては、様々な桂皮酸メチルエステル類や3-アルキルアクリル酸メチルが反応に適用可能である(図2A)。また、本反応はメチルエステルにのみ適用可能であり、その他のエステルを用いた際は収率およびエナンチオ選択性が著しく低下する。求核剤としては環状SKAや一置換SKAも用いることができる。

著者らは以下のような機構で反応が進行すると推定している(図2B)。始めにSKAがIDPiによりプロトン化され、シリル化エステルAを形成する。続いてケイ素移動によりキラルイオン対Bが生成することでα,β-不飽和エステルが活性化される。これが求核剤であるSKAと反応することでジシリル化中間体Cを与える。最後に再びケイ素移動によりDが得られる。Dの生成はNMR測定により支持されている。反応をメタノールで停止することによりDは目的の1,5-ジエステル化合物へと変換される。

以上、ブレンステッド酸IDPiとSKAを組み合わせたルイス酸を用いたエナンチオ選択的向山–マイケル反応が開発された。本反応が多様な化合物の不斉合成へと応用されていくことを期待したい。

図2. (A) 基質適用範囲 (B) 推定反応機構

参考文献

  1. Jangra, A.; Asahara, H.; Li, Z.; Zipse, C.; Ofial, A.; Mayr, H. J, Am. Chem. Soc. 2017, 139, 13318. DOI: 10.1021/jacs.7b05106
  2. (a)Corey, E. J.; Noe, M.; Xu, F. Tetrahedron Lett. 1998, 39, 5347. DOI: 1016/S0040-4039(98)01067-3 (b)Saito, S.; Tsubogo, T.; Kobayashi, S. J. Am. Chem. Soc. 2007, 129, 5364. DOI: 10.1021/ja0709730 (c) Kang, J.; Carter, R. Org. Lett. 2012, 14, 3178. DOI: 10.1021/ol301272r
  3. Canales, E.; Corey, E. J. J. Am. Chem. Soc. 2007, 129, 12686. DOI: 10.1021/ja0765262

山口 研究室

投稿者の記事一覧

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. 高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?
  2. 含ケイ素四員環 -その1-
  3. Open Babel を使ってみよう~ケモインフォマティクス入門…
  4. 近年の量子ドットディスプレイ業界の動向
  5. 結晶構造データは論文か?CSD Communicationsの公…
  6. 100年前のノーベル化学賞ーフリッツ・ハーバーー
  7. 化学エンターテイメント小説第3弾!『ラブ・リプレイ』
  8. 君はホンモノの潤滑油を知っているか?:自己PRで潤滑油であること…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トビアス・リッター Tobias Ritter
  2. 水蒸気侵入によるデバイス劣化を防ぐ封止フィルム: AFTINNOVA™ -EF
  3. 2009年9月人気化学書籍ランキング
  4. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1%
  5. 熊田誠氏死去(京大名誉教授)=有機ケイ素化学の権威
  6. 面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機
  7. 地球外生命体を化学する
  8. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke
  9. 【書籍】英文ライティングの基本原則をおさらい:『The Element of Style』
  10. 化学小説まとめ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2018年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

注目情報

最新記事

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑧〜博士,鍵反応を仕込む②〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP