[スポンサーリンク]


オプトジェネティクス

  1. 「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか

    前回の記事では、脳/神経科学研究の進展に革命的な寄与を果たした技術「オプトジェネティクス」について簡単に紹介しました。今回はこの革命的技術がいかにして開発されたか?というお話を紹介したいと思います。異分野の交…

  2. 光で脳/神経科学に革命を起こす「オプトジェネティクス」

    「脳」は21世紀のサイエンスを代表するキーワードとして名高い対象ですが、分子・細胞間の関係性をもとに…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 亜酸化窒素 Nitrous oxide
  2. ノーベル化学賞明日発表
  3. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification
  4. 創薬に求められる構造~sp3炭素の重要性~
  5. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction
  6. 準結晶的なナノパーティクルスーパーラティス
  7. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御

注目情報

最新記事

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

PAGE TOP