[スポンサーリンク]


コンビナトリアルケミストリー

  1. 化学物質だけでiPS細胞を作る!マウスでなんと遺伝子導入なしに成功

    化学物質だけでiPS細胞の作成を達成。山中因子4つのいずれも使用せず、したがってウイルスを使うなど遺伝子導入なしに、マウス体細胞からiPS細胞の作成に成功したとのこと。

  2. まっすぐなペプチドがつまらないなら「さあ輪になって踊ろ!」

    うじゃけた顔してどしたの。つまらないならほらね。環状ペプチドの大きなコレクションを作って、みんなで輪になって踊ろう!

  3. クラーク・スティル W. Clark Still

    W・クラーク・スティル(W. Clark Still、1946年8月31日(ジョージア州オーガス…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboration
  2. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(4-tert-ブチル-2-オキサゾリン):(S,S)-(-)-2,2′-Isopropylidenebis(4-tert-butyl-2-oxazoline)
  3. 第27回 国際複素環化学会議 (27th ISHC)
  4. 反応経路最適化ソフトウェアが新しくなった 「Reaction plus pro」
  5. オマー・ヤギー Omar M. Yaghi
  6. 日本化学会第86春季年会(2006)
  7. 東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

注目情報

最新記事

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

PAGE TOP