[スポンサーリンク]


ナイトレン

  1. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する

    Rh触媒とアジド基から生じる反応活性種Rhナイトレンにより、分子内シクロブタン環開裂を伴う中員環ラクタム構築反応を見出した金属ナイトレンを利用したN-ヘテロ環形成反応N-ヘテロ環状化合物を簡便に合成する手法は、多くの化学者によって盛…

  2. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応

    Highly Regioselective Amination of Unactiv…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヘキサン (hexane)
  2. 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発
  3. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム
  4. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent
  5. マット・シェア Matthew D. Shair
  6. 【エーザイ】新規抗癌剤「エリブリン」をスイスで先行承認申請
  7. マーティン・カープラス Martin Karplus

注目情報

最新記事

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP