[スポンサーリンク]


ベルギー

  1. 第44回―「N-ヘテロ環状カルベン錯体を用いる均一系触媒開発」Steve Nolan教授

    第44回の海外化学者インタビューは、スティーブ・ノラン教授です。スペインのタラゴナにあるカタルーニャ化学研究所(ICIQ)に在籍(2019年現在はベルギーのゲント大学所属)し、有機金属化学と均一系触媒開発研究に取り組んでいます。それではイン…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アザジラクチン あざじらくちん azadirachtin
  2. 化学者のためのエレクトロニクス入門① ~電子回路の歴史編~
  3. 導電性高分子の基礎、技術開発とエネルギーデバイスへの応用【終了】
  4. 富士フイルムのインフルエンザ治療薬、エボラ治療に
  5. リガンド革命
  6. ポンコツ博士の海外奮闘録XVII~博士,おうちを去る~
  7. ほぅ、そうか!ハッとするC(sp3)–Hホウ素化

注目情報

最新記事

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

PAGE TOP