[スポンサーリンク]

archives

(S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)-5-(Pyrrolidin-2-yl)-1H-tetrazole

P1784.gif

有機触媒を用いたα,β-エノンへのエナンチオ選択的マイケル付加反応

Leyらは,有機分子触媒を用いたエナンチオ選択的マイケル付加反応を報告しています。この報告によると,触媒量の(S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール存在下,α,β-エノンとマロン酸エステルを反応させ,高収率かつ高エナンチオ選択的にマイケル付加体を得ています。この付加反応物は,エナンチオ選択率を低下させることなく,容易に脱炭酸させることが可能です。

V. Wascholowski, K. R. Knudsen, C. E. T. Mitchell, S. V. Ley, Chem. Eur. J. 2008, 14, 6155.

 

関連記事

  1. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(…
  2. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:…
  3. 有機合成者でもわかる結晶製品生産の最適化と晶析操作【終了】
  4. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  5. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  6. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化…
  7. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド :…
  8. エノキサシン:Enoxacin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾
  2. ノビリシチンA Nobilisitine A
  3. 金属錯体化学を使って神経伝達物質受容体を選択的に活性化する
  4. 化学メーカー研究開発者必見!!新規事業立ち上げの成功確度を上げる方法
  5. キャロル転位 Carroll Rearrangement
  6. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」のジャケットになった
  7. 秋の褒章2011-化学
  8. シャープレス不斉アミノヒドロキシル化 Sharpless Asyemmtric Aminohydroxylation (SharplessAA)
  9. 【速報】ノーベル化学賞2014ー超解像顕微鏡の開発
  10. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

PAGE TOP