[スポンサーリンク]

archives

(S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)-5-(Pyrrolidin-2-yl)-1H-tetrazole

P1784.gif

有機触媒を用いたα,β-エノンへのエナンチオ選択的マイケル付加反応

Leyらは,有機分子触媒を用いたエナンチオ選択的マイケル付加反応を報告しています。この報告によると,触媒量の(S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール存在下,α,β-エノンとマロン酸エステルを反応させ,高収率かつ高エナンチオ選択的にマイケル付加体を得ています。この付加反応物は,エナンチオ選択率を低下させることなく,容易に脱炭酸させることが可能です。

V. Wascholowski, K. R. Knudsen, C. E. T. Mitchell, S. V. Ley, Chem. Eur. J. 2008, 14, 6155.

 

関連記事

  1. 日本化学会と対談してきました
  2. tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercap…
  3. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】
  4. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  5. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…
  6. ショウガに含まれる辛味成分
  7. ラボからのスケールアップ再現性手法【終了】
  8. ぬれ性・レオロジーに学ぶ! 微粒子分散系の界面化学の習得講座

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光延反応 Mitsunobu Reaction
  2. 富士フイルム、英社を245億円で買収 産業用の印刷事業拡大
  3. ケムステが化学コミュニケーション賞2012を受賞しました
  4. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?
  5. エノキサシン:Enoxacin
  6. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  7. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  8. “Wisconsin Process”について ~低コスト硝酸合成法の一幕~
  9. IRの基礎知識
  10. ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von Braun Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP