[スポンサーリンク]


反芳香族性

  1. 反芳香族性を示すπ拡張アザコロネン類の合成に成功

    第240回のスポットライトリサーチは、愛媛大学大学院理工学研究科・沖 光脩さんにお願いしました。沖さんが所属されている宇野研究室は、光電子材料としての応用が期待されるポルフィリンなどの多環式複素芳香族化合物の合成と機能評価を主軸研究…

  2. π拡張ジベンゾ[a,f]ペンタレン類の合成と物性

    第146回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科(安田研究室)の小西 彬仁(こにし・あ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 一度に沢山の医薬分子を放出できるプロドラッグ
  2. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus
  3. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerization
  4. 標的指向、多様性指向合成を目指した反応
  5. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  6. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan
  7. 第三回 北原武教授ー化学と生物の融合、ものつくり

注目情報

最新記事

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

PAGE TOP