[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

山元公寿 Kimihisa Yamamoto


山元 公寿(やまもと きみひさ、19XX年X月X日-)は、日本の高分子化学者、超分子化学者である。東京工業大学 資源化学研究所 教授(写真:YAMAMOTO Group)

 

経歴

1990年 早稲田大学 理工学部 助手
1995年 早稲田大学 理工学総合研究センター 助教授
1997年 慶應義塾大学 理工学部 助教授
2002年 慶應義塾大学 理工学部 教授
2010年 東京工業大学 資源化学研究所 教授

 

受賞歴

1996年3月 日本化学会 進歩賞
2005年9月 高分子学会 Wiley賞
2008年3月 日本化学会 学術賞

 

研究概要

分子内に多種の金属を個数と位置を精密に決めて配置できるデンドリマーを世界で初めて報告

 

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

K. Yamamoto, M. Higuchi, S. Shiki, M. Tsuruta, H. Chiba, Nature, 2002, 415, 509-511.

 

関連書籍

 

外部リンク

YAMAMOTO Group

The following two tabs change content below.
shiba

shiba

学生。化学以外にも歴史とか好きです。至福の時は、良い実験結果が得られた時と美味しいものを食べてるとき。

関連記事

  1. 村井 眞二 Shinji Murai
  2. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  3. 黎书华 Shuhua Li
  4. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  5. クリスティーナ・ホワイト M. Christina White
  6. トビアス・リッター Tobias Ritter
  7. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  8. 中西香爾 Koji Nakanishi

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclization
  2. ビンゲル反応 Bingel Reaction
  3. ヤモリの足のはなし ~吸盤ではない~
  4. 二丁拳銃をたずさえ帰ってきた魔弾の射手
  5. 安積徹 Tohru Azumi
  6. ヴィ·ドン Vy M. Dong
  7. 金属錯体化学を使って神経伝達物質受容体を選択的に活性化する
  8. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Reagent
  9. 有機硫黄ラジカル触媒で不斉反応に挑戦
  10. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP