[スポンサーリンク]


合成反応

  1. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する

    Ti触媒による、ジメチルアミンを用いたアルケンのヒドロアミノアルキル化反応が報告された。反応容器のサイズによってモノヒドロアミノアルキル化とジヒドロアミノアルキル化を制御できる。アルケンのヒドロアミノアルキル化第4族・第5族遷移金属…

  2. アルケンとニトリルを相互交換する

    シアノ基は、様々な官能基に変換可能であるだけでなく、電子求引基として近接炭素の官…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 衣笠反応 Kinugasa Reaction
  2. sinceの使い方
  3. 製薬会社のテレビCMがステキです
  4. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  5. トリフェニル-2,6-キシリルビスムトニウムテトラフルオロボラート:Triphenyl-2,6-xylylbismuthonium Tetrafluoroborate
  6. 細胞が分子の3Dプリンターに?! -空気に触れるとファイバーとなるタンパク質を細胞内で合成-
  7. 新人化学者の失敗ランキング

注目情報

最新記事

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

第20回記念!今年は若手向けの新企画もやります!「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディス…

ビナミジニウム塩 Vinamidinium Salt

概要ビナミジニウム塩(Vinamidinium Salt)は、カルボン酸をヴィルスマイヤー・ハッ…

伝わるデザインの基本 増補改訂3版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

(さらに…)…

PAGE TOP