[スポンサーリンク]


多様性指向型合成

  1. 天然にある中間体から多様な医薬候補を創り出す

    古典的な天然物化学は、創薬の歴史において欠かせない貢献を果たしてきました。しかしその王道たる「天然資源(植物・動物・微生物など)から採取したサンプルに生物活性を見いだし、その活性成分を薬に仕上げる」という創薬スキ…

  2. スチュアート・シュライバー Stuart L. Schreiber

    スチュアート・L・シュライバー (Stuart L. Schreiber, 1956年2月6日-)は…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 科学予算はイギリスでも「仕分け対象」
  2. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  3. チアゾリジンチオン
  4. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham
  5. Merck 新しい不眠症治療薬承認申請へ
  6. 2010年イグノーベル賞決定!
  7. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate

注目情報

最新記事

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

PAGE TOP