[スポンサーリンク]

archives

【環境・化学分野/ウェビナー】マイクロ波による次世代製造 (プラ分解、フロー合成、フィルム、乾燥、焼成)

[スポンサーリンク]

環境および化学に特化したウェブセミナーを開催します!

サステナビリティの重要性が急速に増す中、近い将来、マイクロ波技術はキーテクノロジーのひとつになっていくと考えています。

マイクロ波は、再生可能エネルギー (電気)を使用するため化石資源に依存しません。

また、反応の効率化によって、省エネ化、設備小型化 (フロー合成含む)、廃棄物低減も可能です。

さらに、当社では、循環型社会構築に貢献するため、プラスチックのケミカルリサイクル技術の開発・事業化に着手しました。

 

マイクロ波によるプラスチック熱分解では、従来の外部加熱方式に比べ、高効率な熱分解によるコストダウンや精密温度制御による収率向上・選択性改善が期待されます。

その他、有機合成、乾燥、焼成などの事例についても幅広くご紹介しますので、ご興味のある方はぜひご参加ください!

 

■こんな方におすすめ!

環境/化学分野において新規事業/技術企画、技術探索、技術開発をご担当されており、下記の課題や要望をお持ちの方

  •   競合/現行品よりも高品質なモノを製造したい
  •   競合/現行品よりも大幅にコストダウンしたい

 

■本セミナーで得られる情報

  • マイクロ波に関する基礎知識
  • 適用事例(原理、効果、スケールアップ)
  • マイクロ波化学(株)が提供するソリューション

 

■アプリケーション例(効果例)

・ プラスチック分解/油化 (収率向上、時間短縮など)

・ フロー合成 (時間短縮、装置小型化、廃棄物低減など)

・ セラミクス/ポリマー/フィルム乾燥・加熱 (時間短縮、劣化抑制など)

・ エステル/アミド合成 (品質向上、時間短縮、装置小型化など)

・ その他 (焼成、無機合成、フィルム表面処理/乾燥/剥離/接着など)

 

■日時・申し込み先 (いずれの日程も講演内容は同じものになります)

  • 1月14日 (木) 14時〜15時
  • 1月21日 (木) 14時〜15時

申し込みURL:https://mwcc210114.peatix.com/

※ページ内より希望日時のチケットをお申し込みください。

 

■参加費用

無料

 

■スピーカー

菅野 雅皓  /  事業開発マネージャー

 

■主催

マイクロ波化学株式会社

 

■問い合わせ先

マイクロ波化学株式会社

TEL:06-6170-7595 mail:info@mwcc.jp

ホームページ:https://mwcc.jp/

大阪府吹田市山田丘2番8号 テクノアライアンス棟3階

 

関連記事

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 工程フローからみた「どんな会社が?」~半導体関連
  2. 私がケムステスタッフになったワケ(5)
  3. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒
  4. 準結晶的なナノパーティクルスーパーラティス
  5. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法
  6. ナノの世界の交通事情~セルラーゼも渋滞する~
  7. 「赤チン」~ある水銀化合物の歴史~
  8. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Modern Method of Organic Synthesis
  2. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される
  3. ホウ素から糖に手渡される宅配便
  4. 2014年化学10大ニュース
  5. 化学者の卵、就職サイトを使い始める
  6. 【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~
  7. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応
  8. 化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編
  9. ブレビコミン /Brevicomin
  10. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP