[スポンサーリンク]


準結晶

  1. 秋の褒章2014ー化学分野からは準結晶研究の蔡安邦教授に

    学術や芸術、社会福祉など、様々な分野で功績のあった人をたたえる秋の褒章の受章者が決まった。政府が2日付で発表した。受章するのは734人と21団体。3日に発令する。最年少受章者は紅綬(こうじゅ)褒章を受ける東京都のネパール国籍の男性、…

  2. ダン・シェヒトマン博士の講演を聞いてきました。

     はじめましてフェロセンと申します。5月初旬に思い切ってケムステスタッフとして活動すべく応募いたしま…

  3. 高分子界の準結晶

    (論文より)2011年のノーベル化学賞が決まって、1ヶ月が経とうとしています。恥ずかしながら…

  4. 準結晶的なナノパーティクルスーパーラティス

    2011年のノーベル化学賞は準結晶の発見をしたイスラエル工科大学のシェヒトマン先…

  5. 【速報】2011年ノーベル化学賞は「準結晶の発見」に!

    スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2011年のノーベル化学賞を、イスラエル工科大…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylation
  2. Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された
  3. 化学者がコンピューター計算を行うべきか?
  4. 第47回「目指すは究極の“物質使い”」前田和彦 准教授
  5. 第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!
  6. 【追悼企画】鋭才有機合成化学者ーProf. David Gin
  7. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授

注目情報

最新記事

蛍光と光増感能がコントロールできる有機ビスマス化合物

第312回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学(永澤研究室)・向峯あかり 博士にお願いしました。…

三井化学が進める異業種との協業

三井化学と丹青社は、三井化学の最先端のテクノロジーと丹青社の空間づくりのノウハウを組み合わせ、感性に…

第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授

第150回の海外化学者インタビューは、ジェレミー・ハーヴェイ教授です。ブリストル大学化学科(訳注:現…

オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–

接触還元は有機合成で汎用する反応の一つです。ニトロ基、オレフィン、アジドなどの還…

【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

PAGE TOP