[スポンサーリンク]


膜透過性

  1. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」

    トロント大学・Andrei Yudinらは、鎖状ペプチド両端を1,3,4-オキサジアゾール(odz)骨格で連結することで、大環状ペプチドミメティクスを単工程合成可能な手法を開発した。平面性非天然骨格であるodz基は分子内水素結合を安定化し、…

  2. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay

    並行人工膜透過性アッセイ(parallel artificial membrane permeabi…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride
  2. 身近なカガクを説明した記事まとめ
  3. ワートン反応 Wharton Reaction
  4. 石見銀山遺跡
  5. 三共、第一製薬が統合へ 売上高9000億円規模
  6. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration
  7. GoogleがVRラボを提供 / VRで化学の得点を競うシミュレーションゲーム

注目情報

最新記事

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

PAGE TOP