[スポンサーリンク]

ケムステニュース

株式会社ユーグレナ マザーズに上場

 

東証マザーズは株式会社ユーグレナの上場を11月16日に承認した。上場日は12月20日を予定している(画像:株式会社ユーグレナ)。

 

参照URL

http://euglena-kouhou.jp/archives/67736554.html

http://www.nikkei.com/markets/kigyo/ipo/money-scheduledetail.aspx?id=2931

 

株式会社ユーグレナは東京大学の学生がはじめたバイオベンチャー企業であり、2005年に設立された。基幹技術であるミドリムシの屋外大量合成は、東京大学での学術研究が元になっており、現在は機能性食品や化粧品の開発・販売のほか、二酸化炭素固定化、水質浄化やバイオ燃料の生産に向けた研究にまでその分野を広げている。

 

 

現在はサプリメントを始めとした食料品関係が主力となっているようであるが、環境問題、エネルギー問題なども視野に入れている。基礎研究がしっかりしていると、その波及しうるポテンシャルも高くなるという意味で、産学連携のダイナミズムが感じられ、そのためこれからが期待される会社である。

 

外部リンク

 

関連記事

  1. アミンの新合成法
  2. 駅トイレ光触媒で消臭
  3. 育て!燃料電池を担う子供たち
  4. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く
  5. 毒を持ったタコにご注意を
  6. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省…
  7. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  8. 製薬各社の被災状況

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光刺激に応答して形状を変化させる高分子の合成
  2. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Corriu Cross Coupling
  3. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA
  4. 製薬各社 2011年度 第2四半期決算
  5. 化学を広く伝えるためにー多分野融合の可能性ー
  6. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)
  7. 【速報】2012年ノーベル化学賞発表!!「Gタンパク質共役受容体に関する研究」
  8. ケムステイブニングミキサー2017へ参加しよう!
  9. Cell Pressが化学のジャーナルを出版
  10. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP