[スポンサーリンク]

化学地球儀

たばこと塩の博物館

たばこと塩を常設展示のテーマとしている、世界にも類を見ない博物館です。日本たばこ産業(JT)が運営する、企業博物館の一つ(写真引用:公式サイト)。

概要

化学の力を借りて量産されている物品の代表例でもある、嗜好品のたばこと調味料の塩。1978に東京都渋谷区に開館した「たばこと塩の博物館」は、たばこと塩に関する歴史と文化を広く紹介するユニークな博物館です。入館料は大人100円・子供50円。2009年4月にリニューアルされました。

マップ


View 化学地球儀 -Chem-Station- in a larger map

関連動画

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 大久野島毒ガス資料館
  2. ストックホルム市庁舎
  3. 高峰譲吉の墓
  4. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-
  5. 石見銀山遺跡
  6. 錬金術博物館
  7. 筑波山
  8. フライデーハーバー研究所

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研
  2. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  3. 英グラクソスミスクライン、抗ウイルス薬を大幅値引きへ
  4. 光親和性標識 photoaffinity labeling (PAL)
  5. シグマ アルドリッチ構造式カタログの機能がアップグレードしたらしい
  6. キセノン (xenon; Xe)
  7. 春田 正毅 Masatake Haruta
  8. “Wisconsin Process”について ~低コスト硝酸合成法の一幕~
  9. 「コミュニケーションスキル推し」のパラドックス?
  10. MAC試薬 MAC Reagent

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

スケールアップで失敗しないために

化学を長年やっている助教や博士課程の学生にとっては当たり前のことでも、学部生や修士の学生がやってみる…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP