[スポンサーリンク]

化学地球儀

たばこと塩の博物館

たばこと塩を常設展示のテーマとしている、世界にも類を見ない博物館です。日本たばこ産業(JT)が運営する、企業博物館の一つ(写真引用:公式サイト)。

概要

化学の力を借りて量産されている物品の代表例でもある、嗜好品のたばこと調味料の塩。1978に東京都渋谷区に開館した「たばこと塩の博物館」は、たばこと塩に関する歴史と文化を広く紹介するユニークな博物館です。入館料は大人100円・子供50円。2009年4月にリニューアルされました。

マップ


View 化学地球儀 -Chem-Station- in a larger map

関連動画

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 資生堂企業資料館
  2. 春日大社
  3. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街
  4. スイスの博士課程ってどうなの?2〜ヨーロッパの博士課程に出願する…
  5. 合同資源上瀑工場
  6. ケミストリー通り
  7. 日本科学未来館
  8. 住友化学歴史資料館

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号
  2. ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発
  3. オカモト株式会社茨城工場
  4. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT)
  5. 生物学的等価体 Bioisostere
  6. チャド・マーキン Chad A. Mirkin
  7. パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan Synthesis
  8. アメリカの大学院で受ける授業
  9. Ph.D. Comics – Piled Higher and Deeper
  10. 2017年10大化学ニュース

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

PAGE TOP