[スポンサーリンク]


色素増感型太陽電池

  1. 新規色素設計指針を開発 -世界最高の太陽光エネルギー変換効率の実現に向けて-

    第210回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院分子工学専攻光有機化学分野(今堀研究室)修士課程(研究当時)の楜澤佑真さん、二村晋平さん、辻幸大さんの3名にお願いしました。研究室では有機材料を用いる光化学の研究に取り組んできてお…

  2. 色素増感型太陽電池 / Dye-sensitized Solar Cells

     色素増感型太陽電池(Dye-sensitized Solar Cell, DSC)とは、現…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フィリップ・イートン Phillip E. Eaton
  2. 合成化学発・企業とアカデミアの新たな共同研究モデル
  3. イリジウム錯体:Iridium-complex
  4. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz Pyridine Synthesis
  5. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法
  6. 平田 義正 Yoshimasa Hirata
  7. イレッサ /iressa (gefitinib)

注目情報

最新記事

生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明

(さらに…)…

第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

PAGE TOP