[スポンサーリンク]


鈴木-宮浦クロスカップリング

  1. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

    第116回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 有機材料化学講座(中尾佳亮研究室)のM. Ramu Yadav博士・長岡 正宏博士(現在は相模中央化学研究所 精密有機化学グループで勤務されています)にお願いしま…

  2. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~

    アクティブボロン酸 (有機環状トリオールボレート塩)は、北海道大学の山本、宮浦らが開発した鈴木-宮浦…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. シクロヘキサンの片面を全てフッ素化する
  2. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cross Coupling
  3. 2016年9月の注目化学書籍
  4. 化学は地球を救う!
  5. オキソニウムイオンからの最長の炭素酸素間結合
  6. 化学者たちの感動の瞬間―興奮に満ちた51の発見物語
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②(解答編)

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

PAGE TOP