[スポンサーリンク]


鈴木-宮浦クロスカップリング

  1. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

    第116回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 有機材料化学講座(中尾佳亮研究室)のM. Ramu Yadav博士・長岡 正宏博士(現在は相模中央化学研究所 精密有機化学グループで勤務されています)にお願いしま…

  2. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~

    アクティブボロン酸 (有機環状トリオールボレート塩)は、北海道大学の山本、宮浦らが開発した鈴木-宮浦…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 2】
  2. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その2~
  3. タウリン捕まえた!カゴの中の鳥にパイ電子雲がタッチ
  4. 極性表面積 polar surface area
  5. 有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!
  6. 1日1本の「ニンジン」でガン予防!?――ニンジンの効能が見直される
  7. α‐リポ酸の脂肪蓄積抑制作用を高める効果を実証

注目情報

最新記事

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

PAGE TOP