[スポンサーリンク]


高分子ゲル

  1. 「鍛えて成長する材料」:力で共有結合を切断するとどうなる?そしてどう使う?

    第182回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院生命科学院 ソフト&ウェットマター研究室の博士後期課程の松田 昂大(まつだ たかひろ)さんにお願いしました! 松田さんの所属するソフト&ウェットマター研究室はグン剣萍教授のもと、あっと驚…

  2. 電気ウナギに学ぶ:柔らかい電池の開発

    アマゾン川には電気ウナギと呼ばれる、電気を発する魚が住んでいます。その体から発せられる電気は600 …

  3. ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

    第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  2. 高分子の合成(上)(下)
  3. ChemSketchで書く簡単化学レポート
  4. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  5. デルフチバクチン (delftibactin)
  6. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda
  7. JSRとはどんな会社?-2

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

PAGE TOP