[スポンサーリンク]


CPD

  1. 環歪みを細胞取り込みに活かす

    創薬研究やバイオプローブの開発において、しばしば問題になるのが分子の膜透過性。特にオリゴヌクレオチドやタンパク質などの大きな分子は膜透過効率が低く、医薬応用の大きな障害となります。今回は分子の性質をうまくつかって、その障害の解決に取り組んで…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成
  2. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する
  3. Evonikとはどんな会社?
  4. 電子デバイス製造技術 ーChemical Times特集より
  5. 炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明
  6. 光触媒で新型肺炎を防止  ノリタケが実証
  7. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz

注目情報

最新記事

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

PAGE TOP