[スポンサーリンク]

ケムステしごと

味の素グループの化学メーカー「味の素ファインテクノ」を紹介します

[スポンサーリンク]

食品会社として知られる味の素株式会社ですが、当社はその味の素グループにあって70年以上の長い歴史を持つ化学メーカーです。「新しい価値の創造」と「開拓者精神」という味の素社創業時のDNAを受け継ぎ、独創的な電子材料、機能材料、活性炭等の技術を社会に提供することで人々のより良い明日に貢献することをミッションにしています。

世界トップシェアを誇る層間絶縁フィルム

私たちにとって、もはや必需品となったPCやスマートフォン、薄型テレビ等といった電子機器の中に、味の素ファインテクノ株式会社の開発した電子材料が使われています。半導体技術の進歩が電子機器の小型化、精密化を飛躍的に進めてきましたが、この半導体を実装するための高密度プリント配線板の製造には高性能の絶縁材料が欠かせません。当社が世界に先駆けて開発した味の素ビルドアップフィルム®(ABF)は、半導体の進化に柔軟に対応する画期的な製品として高く評価され、デファクトスタンダードの地位を確立しています。
また、当社は材料技術をベースに常に新たな価値の創造に取り組んでいます。私たちの身近にある電子機器の他にも自動車や高速通信技術、クラウドサーバ等、幅広い分野でお客様のイノベーション実現をお手伝いしてきました。最近では将来の発展が期待される有機ELデバイスに使用される材料の開発で革新的な成果を創出しています。

味の素ファインテクノの基本情報

会社名 【味の素グループ】味の素ファインテクノ株式会社
本社所在地 神奈川県川崎市川崎区鈴木町1番2号
事業所 本社
活性炭事業部
群馬工場
事業内容 ・電子材料の製造・販売
・機能材料の製造・販売
・活性炭の製造・販売
 設立/創立 1942年創立/1998年設立
 資本金 315百万円
 売上高 非公開
 従業員数 295名 (2019年7月1日現在)
 ホームページ https://www.aft-website.com/

関連情報

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ローカル環境でPDFを作成する(Windows版)
  2. 天然物の全合成研究ーChemical Times特集より
  3. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました
  4. 水分子が見えた! ー原子間力顕微鏡を用いた水分子ネットワークの観…
  5. 日本のお家芸、糖転移酵素を触媒とするための簡便糖ドナー合成法
  6. 年収で内定受諾を決定する際のポイントとは
  7. 安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える
  8. 非対称化合成戦略:レセルピン合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究室クラウド設立のススメ(経緯編)
  2. セレノネイン selenoneine
  3. CASがSciFinder-nの新しい予測逆合成機能を発表
  4. 聖なる牛の尿から金を発見!(?)
  5. 分子構造を 3D で観察しよう (3):新しい見せ方
  6. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授
  7. 祝100周年!ー同位体ー
  8. 多重薬理 Polypharmacology
  9. 「薬草、信じて使うこと」=自分に合ったものを選ぶ
  10. 浦野 泰照 Yasuteru Urano

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP