[スポンサーリンク]

ケムステしごと

味の素グループの化学メーカー「味の素ファインテクノ」を紹介します

[スポンサーリンク]

食品会社として知られる味の素株式会社ですが、当社はその味の素グループにあって70年以上の長い歴史を持つ化学メーカーです。「新しい価値の創造」と「開拓者精神」という味の素社創業時のDNAを受け継ぎ、独創的な電子材料、機能材料、活性炭等の技術を社会に提供することで人々のより良い明日に貢献することをミッションにしています。

世界トップシェアを誇る層間絶縁フィルム

私たちにとって、もはや必需品となったPCやスマートフォン、薄型テレビ等といった電子機器の中に、味の素ファインテクノ株式会社の開発した電子材料が使われています。半導体技術の進歩が電子機器の小型化、精密化を飛躍的に進めてきましたが、この半導体を実装するための高密度プリント配線板の製造には高性能の絶縁材料が欠かせません。当社が世界に先駆けて開発した味の素ビルドアップフィルム®(ABF)は、半導体の進化に柔軟に対応する画期的な製品として高く評価され、デファクトスタンダードの地位を確立しています。
また、当社は材料技術をベースに常に新たな価値の創造に取り組んでいます。私たちの身近にある電子機器の他にも自動車や高速通信技術、クラウドサーバ等、幅広い分野でお客様のイノベーション実現をお手伝いしてきました。最近では将来の発展が期待される有機ELデバイスに使用される材料の開発で革新的な成果を創出しています。

味の素ファインテクノの基本情報

会社名 【味の素グループ】味の素ファインテクノ株式会社
本社所在地 神奈川県川崎市川崎区鈴木町1番2号
事業所 本社
活性炭事業部
群馬工場
事業内容 ・電子材料の製造・販売
・機能材料の製造・販売
・活性炭の製造・販売
 設立/創立 1942年創立/1998年設立
 資本金 315百万円
 売上高 非公開
 従業員数 295名 (2019年7月1日現在)
 ホームページ https://www.aft-website.com/

関連情報

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 汝ペーハーと読むなかれ
  2. トリチウム水から完全無害な水素ガスを作り出す?
  3. 大学院から始めるストレスマネジメント【アメリカで Ph.D. を…
  4. 比色法の化学(前編)
  5. 専門用語(科学英単語)の発音
  6. 副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結する
  7. 二酸化炭素をはきだして♪
  8. 公募開始!2020 CAS Future Leaders プログ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞
  2. CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進
  3. PL法 ? ものづくりの担い手として知っておきたい法律
  4. 逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR; reverse transcription PCR)
  5. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発
  6. はてブ週間ランキング第一位を獲得
  7. SciFinder Future Leaders in Chemistry 2015に参加しよう!
  8. E. J. Corey からの手紙
  9. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  10. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第一回ケムステVプレミアレクチャー「光化学のこれから ~ 未来を照らす光反応・光機能 ~」を開催します!

ノーベル賞の発表も来週に迫っていますし、後期も始まりますね。10月から新しく始まるシーズンに、どこと…

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP