[スポンサーリンク]

ケムステしごと

味の素グループの化学メーカー「味の素ファインテクノ」を紹介します

[スポンサーリンク]

食品会社として知られる味の素株式会社ですが、当社はその味の素グループにあって70年以上の長い歴史を持つ化学メーカーです。「新しい価値の創造」と「開拓者精神」という味の素社創業時のDNAを受け継ぎ、独創的な電子材料、機能材料、活性炭等の技術を社会に提供することで人々のより良い明日に貢献することをミッションにしています。

世界トップシェアを誇る層間絶縁フィルム

私たちにとって、もはや必需品となったPCやスマートフォン、薄型テレビ等といった電子機器の中に、味の素ファインテクノ株式会社が開発した電子材料が使われています。半導体技術の進歩が電子機器の小型化、精密化を飛躍的に進めてきましたが、この半導体を実装するための高密度プリント配線板の製造には高性能の絶縁材料が欠かせません。当社が世界に先駆けて開発した味の素ビルドアップフィルム®(ABF)は、半導体の進化に柔軟に対応する画期的な製品として高く評価され、デファクトスタンダードの地位を確立しています。
また、当社は材料技術をベースに常に新たな価値の創造に取り組んでいます。私たちの身近にある電子機器の他にも自動車や高速通信技術、クラウドサーバ等、幅広い分野でお客様のイノベーション実現をお手伝いしてきました。最近では将来の発展が期待される有機ELデバイスに使用される材料の開発で革新的な成果を創出しています。

味の素ファインテクノの基本情報

会社名 【味の素グループ】味の素ファインテクノ株式会社
本社所在地 神奈川県川崎市川崎区鈴木町1番2号
事業所 本社
活性炭事業部
群馬工場
事業内容 ・電子材料の製造・販売
・機能材料の製造・販売
・活性炭の製造・販売
 設立/創立 1942年創立/1998年設立
 資本金 315百万円
 売上高 非公開
 従業員数 308名(2020年4月1日現在)
 ホームページ https://www.aft-website.com/

関連情報

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. The Journal of Unpublished Chemi…
  2. 【速報】2015年ノーベル生理学・医学賞ー医薬品につながる天然物…
  3. NMRの基礎知識【原理編】
  4. 生理活性物質? 生物活性物質?
  5. テストには書けない? カルボキシル化反応の話
  6. スーパーなパーティクル ースーパーパーティクルー
  7. 英語発表に”慣れる”工夫を―『ハイブリッ…
  8. Amazonを上手く使って書籍代を節約する方法

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  2. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授
  3. イオン性置換基を有するホスホール化合物の発光特性
  4. コーリー・チャイコフスキー反応 Corey-Chaykovsky Reaction
  5. 鉄とヒ素から広がる夢の世界
  6. iPadで計算化学にチャレンジ:iSpartan
  7. 金属を超えるダイヤモンド ーボロンドープダイヤモンドー
  8. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで
  9. 春日大社
  10. 生物学的等価体 Bioisostere

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2021年4月号:共有結合・ゲル化剤・Hoveyda-Grubbs型錯体・糸状菌ジテルペノイドピロン・Teleocidin B

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年4月号がオンライン公開されました。新…

第144回―「CO2を捕捉する多孔性金属-有機構造体の開発」Myunghyun Paik Suh教授

第144回の化学者インタビューは、ミョンヒョン・パク・ソ教授です。韓国のソウル大学で化学を専攻し、有…

ガラス器具を見積もりできるシステム導入:旭製作所

化学実験に欠かせないガラス器具。自分の使いやすいようにカスタマイズしたいと思いませんか? 昔は大学に…

陰イオン認識化学センサーの静水圧制御に成功~高選択的な分子検出法を確立~

東京工業大学 理学院 化学系の木下 智和 大学院生、福原 学 准教授、立命館大学の前田 大光 教授ら…

第143回―「単分子エレクトロニクスと化学センサーの研究」Nongjian (NJ) Tao 教授

第143回の化学者インタビューは、ノンジャン・タオ教授です。アリゾナ州立大学バイオデザイン研究所バイ…

不溶性アリールハライドの固体クロスカップリング反応

第305回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院工学研究院 (伊藤研究室)・瀬尾 珠恵さんにお…

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP