[スポンサーリンク]


HILICカラム

  1. ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

    ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHIRALPAK」の販売は世界でトップシェアを誇っています。有機合成化学の研究室でキラル化合物を選択的に得る、「不斉合成反応開発」を行っていれば…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?
  2. スーパーブレンステッド酸
  3. 副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結する
  4. 国際シンポジウム;創薬・天然物―有機合成化学の展望―
  5. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム
  6. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑩:メクボール の巻
  7. 2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

注目情報

最新記事

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

PAGE TOP