[スポンサーリンク]

一般的な話題

『元素周期 ~萌えて覚える化学の基本~』がドラマCD化!!!

 

つい最近、化学界の衆目をかっさらった書物、「元素周期~萌えて覚える化学の基本~」(「つぶやき」での紹介記事はこちら)。 このたびなんと、本書をモチーフとしたドラマCDの制作が発表されました。

・・・まさか書籍化だけで飽きたらず、ドラマCD化まで持っていくとは・・・。まずヒット→アニメ、ドラマCD、キャラクターグッズへの展開→売上げ増幅、というのがオタク市場をマーケティング観点で捉えた王道戦略なのかも知れないですが・・・ここまで引っ張れる編者の手腕には脱帽です。

特集サイトで現在、全4話の試聴が可能となっています。ついでに壁紙もダウンロードできたりする模様です。さてさてその内容やいかに・・・

 

第1話 ここは良い所、ランタノイド寮!
とある6周期タウン、3番地に存在する、女子寮『ランタノイド』
そこはグータラなお姉さんやしっかり者な娘さん、元気な双子や弱気な少女など、
15人の少女たちが生活を共にする他とは少し変わった場所。
酸素さんはセリウムさんに呼ばれて寮を訪れますが、そこで気になっていた
「ある疑問」を寮のメンバーに聞いてみることに…
ランタノイド寮の秘密が、明らかになる!?

 

・・・いや、よりにもよってランタノイド元素とは。チョイスがマニアックすぎませんか? しかし知られざる元素になじみを持ってもらう為に、あえて果敢に切り込んでいると見れば評価できるのかも!?

 

「ガドリニウムとテルビウムがPCのエキスパート」、「エルビウムが回線系、ユウロピウムがディスプレイに強い」といった設定だとか、寮を舞台にして「周期表の一マスにぎゅー詰めされた状況」を彷彿とさせたりとか、なんか節々確かにランタノイド。

 

発売元のマリン・エンターテイメントのページによれば、2009年夏発売予定・予価3150円(税込)とのこと。ドラマCDなるものを過去に買ったことのない筆者には、お買い得なのかどうかがさっぱりワカリマセン。どなたかコメントしてくださいませ。

 

・・・まぁ、入り口は何であれ、化学に興味を持ってくれる人が増えるのは良いことだ!と思うことにしましょう。

【追記2009.8.22】 先日発売されました。

 

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. タミフルの新規合成法・その2
  2. 私がなぜケムステスタッフになったのか?
  3. 「重曹でお掃除」の化学(その1)
  4. 可視光増感型電子移動機構に基づく強還元触媒系の構築
  5. 顕微鏡で有機分子の形が見えた!
  6. 色の変わる分子〜クロミック分子〜
  7. 室温、中性条件での二トリルの加水分解
  8. 印象に残った天然物合成 2

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism
  2. ワールドクラスの日本人化学者が語る研究物語―『化学者たちの感動の瞬間』
  3. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N-ジメチルベンジルアミン)パラジウム(II)]:Chloro[(1,3-dimesitylimidazol-2-ylidene)(N,N-dimethylbenzylamine)palladium(II)]
  4. 東北地方太平洋沖地震に募金してみませんか。
  5. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず
  6. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bis(triphenylphosphine)palladium(II) Dichloride
  7. リチウムイオン電池正極材料の開発動向
  8. 地球外生命体を化学する
  9. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーション) – Sankaran Thayumanavan教授
  10. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステルの高エナンチオ選択的 [3+2] 環化反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応

2017年、エモリー大学・Huw M. L. Daviesらは独自に設計した不斉二核ロジウム触媒を用…

PAGE TOP