[スポンサーリンク]


2005年 3月 02日

  1. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ

    有機半導体や有機ディスプレイなど、有機・高分子関連の技術が一堂に会す「オルガテクノ2005(有機テクノロジー展2005/有機テクノロジー国際会議2005)」が2005年7月4日~6日に東京ビッグサイトで開催される。オルガテクノ2005は…

  2. 中外製薬が工場を集約へ 宇都宮など2カ所に

    中外製薬(東京都中央区京橋、永山治社長)は二十八日、来年一月に生産部門を一括分社化するとともに、五、…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!
  2. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「生活環境化学の部屋」本間先生
  3. メソリティック開裂 mesolytic cleavage
  4. MSH試薬 MSH reagent
  5. タミフルの新規合成法・その3
  6. 二酸化炭素 (carbon dioxide)
  7. 高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

注目情報

最新記事

E.・ピーター・グリーンバーグ E. Peter Greenberg

E・ピーター・グリーンバーグ(Everett Peter Greenberg, 1948年11月7日…

「フント則を破る」励起一重項と三重項のエネルギーが逆転した発光材料

第421回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻 中山研究室の相澤 直矢(…

研究のプロフェッショナルに囲まれて仕事をしたい 大学助教の願いを実現した「ビジョンマッチング」

「アカデミアから民間への移籍は難しい」「民間企業にアカデミアの研究者はな…

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP