[スポンサーリンク]

化学英語・日常英語

留学せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)

英語が苦手な研究者(30代中盤に・・・)が英語をマスターできるかやってみる企画物の3年目です。さて英語はマスターできたでしょうか?

 

1年目2年目の結果はこちら。

 

結果

3年目の勉強時間は通勤時間(往復1時間程度)の聞き流を含めて1年間で116.5時間でした。1年目の勉強時間が648時間、2年目の勉強時間が392時間でしたので、またもや大きく減ってしまいました。勉強の内訳は以下のようになりました。

実践ビジネス英語  28時間

TOEICテスト新公式問題集vol.425時間

TOEICテスト究極の模試600問  17.5時間

Forest音でトレーニング 11.5時間

DUO3.0 11時間

DUOselect7.5時間

大学生の教室英語 5時間

大学教員の教室英語 3.5時間

英語のバイエル  3.5時間

その他(5種類) 3.5時間

 

2年目と比較して聞き流しの時間が大幅に減りました。これは、71日目にiPodが壊れたのを機に、聞き流しを止めてしまったためです。

一方で、142日目から月一で職場での実践ビジネス英語(NHKラジオ講座)のテキストを用いた読み合わせの会に参加しています。実践ビジネス英語の勉強は、テキストの分らない単語の意味と発音を調べつつ一ケ月かけてなんとか1回か2回読んでいます。ラジオは全く聞けていません。読み合わせの会ではまず、実践ビジネス英語のテキストを読みあい、その後、テキストの内容に関する意見などを英語で話し合うのですが、話そうとしても全く単語も表現も思いつかず、9割方ニコニコして座っています・・・。

また、英語の先生からTOEICの勉強法を教わったので、241日目からTOEICの勉強を開始しました。英語の先生から教わったTOEIC勉強法は、10回分の模試を10回づつ、計100回やるというシンプルなものです。話によると、これをやってTOEIC 900点を獲得した人もいるとか。筆者が実際にやった問題集は  TOEICテスト新公式問題集vol.4と  TOEICテスト究極の模試600問の2冊で、

-1を解答(395-490点)→-1の復習→

-2を解答(560-660点)→-2の復習→-1の復習→

-1を解答(640点)→-1の復習→-2の復習→-1の復習→

-2を解答(715点)→-2の復習→-1の復習→-2の復習→-1の復習→

-3を解答(695点)

となり、約3ヵ月で計15回できました。

これらの勉強をして2年+344日目(1074日目)にTOEICの公開テスト(1年目と2年目に受けたのはIPテストでした)を受けたところ、780点(リスニング455点、リーディング325点)でした。

 

ということで1年目の288日目に受けた時の525点(リスニング245点、リーディング280点)、2年目の349日目に受けた時の505点(リスニング230点、リーディング275点)よりかなり点数が上がりました。特に、聞き流しを止め、ラジオを聞いているわけでもないにも関わらず、リスニングの点数が良かったのです。

TOEICを受けた印象は1年目、2年目の時と変わり、リスニングは自信を持って答えられる問題と全く分からない問題が混在していました。文法と長文は正答率を無視してとにかく急いで解答したのですが、それでも195問までしか読めませんでした。

 

ということで3年で1156.5時間勉強し、TOEIC対策をするとTOEICの得点が向上するという結果でした。

「あいつも3年間がんばってきた男なんだ」 田岡監督

 

考察

1ヶ月ごとの勉強時間をブラフにしてみたところ(図1、25-36ヶ月目)、5月辺りの勉強時間が0になりましたが、後半やや持ち直しました。

月ごとの時間.jpg

10回分の模試を10回づつ、計100回やるというTOEICの勉強法は、実際15回(42.5時間)でもかなりの成果が得られましたので、英語に興味は無いがTOEICの得点は上げたいという、就職活動をしている方などにお勧めの勉強法かと思われます。

4年目はスピーキングをなんとかしたいので、① TOEIC SWテストのテキストを使ってスピーキングの勉強、② TOEICテストの10回分を10回の続き(TOEICテスト新公式問題集Vol.5、TOEICテスト超リアル模試600問)、③ 実践ビジネス英語の継続を行おうと思います。

「Habit is second nature」

 

関連書籍

関連記事

  1. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  2. ハイフン(-)の使い方
  3. edXで京都大学の無料講義配信が始まる!
  4. 論文をグレードアップさせるーMayer Scientific E…
  5. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?
  6. アメリカ化学留学 ”実践編 ー英会話の勉強ーR…
  7. 英会話とプログラミングの話
  8. howeverの使い方

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベルで直接観察
  2. 大学入試のあれこれ ②
  3. 2005年3月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  4. マリウス・クロア G. Marius Clore
  5. ナトリウムトリス(1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロイソプロポキシ)ボロヒドリド:Sodium Tris(1,1,1,3,3,3-hexafluoroisopropoxy)borohydride
  6. ピラーアレーン
  7. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で
  8. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidazole Synthesis
  9. 富山化の認知症薬が米でフェーズ1入り
  10. Googleマイマップを持って学会に出かけよう!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP