[スポンサーリンク]

H

ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-Zelinsky Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

カルボン酸をハロゲンおよび3価のリンハライドで処理して、α-ハロアシルハライドへと変換する反応。

基本文献

  •  Hell, C. Ber. Dtsch. Chem. Ges. 188114, 891.
  •   Volhard, J. Liebig’s Ann. Chem. 1887242, 141.
  •  Zelinsky, N. Ber. Dtsch. Chem. Ges. 188720, 2026.

 

反応機構

HVZ_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. パーキン反応 Perkin Reaction
  2. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction
  3. コーンブルム ニトロ化反応 Kornblum Nitoratio…
  4. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griff…
  5. スナップ試薬 SnAP Reagent
  6. サクセナ・エヴァンス還元 Saksena-Evans Reduc…
  7. 金属カルベノイドを用いるシクロプロパン化 Cyclopropan…
  8. 植村酸化 Uemura Oxidation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎
  2. 研究室でDIY!割れないマニホールドをつくろう・改
  3. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alkyne Synthesis
  4. AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~
  5. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ① 「ほんとスタンド」 の巻
  6. エッシェンモーザー・タナベ開裂反応 Eschenmoser-Tanabe Fragmentation
  7. 難溶性多糖の成形性を改善!新たな多糖材料の開発に期待!
  8. 抗結核薬R207910の不斉合成
  9. エコエネルギー 家庭で競争
  10. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP