[スポンサーリンク]

H

ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-Zelinsky Reaction

 

概要

カルボン酸をハロゲンおよび3価のリンハライドで処理して、α-ハロアシルハライドへと変換する反応。

基本文献

  •  Hell, C. Ber. Dtsch. Chem. Ges. 188114, 891.
  •   Volhard, J. Liebig’s Ann. Chem. 1887242, 141.
  •  Zelinsky, N. Ber. Dtsch. Chem. Ges. 188720, 2026.

 

反応機構

HVZ_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxida…
  2. リード反応 Reed Reaction
  3. ヒドロメタル化 Hydrometalation
  4. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hil…
  5. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann React…
  6. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction…
  7. スワーン酸化 Swern Oxidation
  8. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教授
  2. 高専の化学科ってどんなところ? -その 1-
  3. 化学クラスタ発・地震被害報告まとめ
  4. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位
  5. 1,4-ジ(2-チエニル)-1,4-ブタンジオン:1,4-Di(2-thienyl)-1,4-butanedione
  6. A-ファクター A-factor
  7. 遷移金属を用いない脂肪族C-H結合のホウ素化
  8. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-ホルミルサッカリン
  9. 植村酸化 Uemura Oxidation
  10. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkinson Decarbonylation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP