[スポンサーリンク]

H

ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-Zelinsky Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

カルボン酸をハロゲンおよび3価のリンハライドで処理して、α-ハロアシルハライドへと変換する反応。

基本文献

  •  Hell, C. Ber. Dtsch. Chem. Ges. 188114, 891.
  •   Volhard, J. Liebig’s Ann. Chem. 1887242, 141.
  •  Zelinsky, N. Ber. Dtsch. Chem. Ges. 188720, 2026.

 

反応機構

HVZ_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環およ…
  2. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)…
  3. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazol…
  4. ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydr…
  5. ジアゾメタン diazomethane
  6. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synt…
  7. メーヤワイン試薬 Meerwein Reagent
  8. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reactio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ルボトム酸化 Rubottom Oxidation
  2. マイルの寄付:東北地方太平洋沖地震
  3. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 1: ヒノキの精油で和歌山みかんを活性化–
  4. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」
  5. Lectureship Award MBLA 10周年記念特別講演会
  6. 170年前のワインの味を化学する
  7. ワッカー酸化 Wacker oxidation
  8. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction
  9. スルホンアミドからスルホンアミドを合成する
  10. ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synthesis

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP