[スポンサーリンク]


2005年 5月 20日

  1. 結晶構造と色の変化、有機光デバイス開発の強力ツール

    早稲田大学大学院理工学研究科の加藤徳剛客員講師、同学理工学部物理学科の上江洲由晃教授らのグループは、(財)高輝度光科学研究センター、宇都宮大学工学部と共同で、有機色素分子の2次元結晶のX線構造解析を行い、結晶構造とその結晶の色との関係を定量…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)
  2. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?
  3. あなたの分子を特別なカタチに―「CrystalProtein.com」
  4. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part 3】
  5. 環状ビナフチルオリゴマーの大きさが円偏光の向きを変える
  6. 第66回―「超分子集合体と外界との相互作用を研究する」Francesco Stellacci教授
  7. Guide to Fluorine NMR for Organic Chemists

注目情報

最新記事

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成

第446回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 高分子化学研究室(…

PAGE TOP