[スポンサーリンク]

archives

高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-ホルミルサッカリン

 

眞鍋らは,N-ホルミルサッカリン (1) とPd触媒使用下で,一酸化炭素ガスを用いずにアリールブロミドからアリールアルデヒドに変換する還元的カルボニル化反応を報告しています。本報告では,1を結晶状の一酸化炭素代用試薬として利用しています。一酸化炭素源である1は少過量 (1.5当量) で済み,温和な温度条件でアリールブロミドをカルボニル化します。1は,他の様々な基質のカルボニル化反応への応用も期待できる試薬です。

“Palladium-Catalyzed Reductive Carbonylation of Aryl Halides with N-Formylsaccharin as a CO Source”

T. Ueda, H. Konishi, K. Manabe, Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 8611. DOI: 10.1002/anie.201303926

mcontent

 

Easy peasy: The title reaction employs N-formylsaccharin, which is an easily accessible crystalline compound, as an effective CO source. The reactions proceed with a small excess of the CO source at moderate temperatures and were successfully applied to a wide range of aryl bromides. DMF=N,N-dimethylformamide, dppb=1,4-bis-

≫製品コード:F0171 ぎ酸リチウム一水和物

関連記事

  1. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…
  2. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  3. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  4. 日本化学会と対談してきました
  5. リチウムイオン電池正極材料の開発動向
  6. ニュースタッフ追加
  7. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】
  8. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進
  2. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒
  3. 資金洗浄のススメ~化学的な意味で~
  4. 2012年10大化学ニュース【前編】
  5. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III
  6. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物
  7. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  8. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  9. メタンハイドレート めたんはいどれーと methane hydrate
  10. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打撃

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP