[スポンサーリンク]

archives

高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-ホルミルサッカリン

 

眞鍋らは,N-ホルミルサッカリン (1) とPd触媒使用下で,一酸化炭素ガスを用いずにアリールブロミドからアリールアルデヒドに変換する還元的カルボニル化反応を報告しています。本報告では,1を結晶状の一酸化炭素代用試薬として利用しています。一酸化炭素源である1は少過量 (1.5当量) で済み,温和な温度条件でアリールブロミドをカルボニル化します。1は,他の様々な基質のカルボニル化反応への応用も期待できる試薬です。

“Palladium-Catalyzed Reductive Carbonylation of Aryl Halides with N-Formylsaccharin as a CO Source”

T. Ueda, H. Konishi, K. Manabe, Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 8611. DOI: 10.1002/anie.201303926

mcontent

 

Easy peasy: The title reaction employs N-formylsaccharin, which is an easily accessible crystalline compound, as an effective CO source. The reactions proceed with a small excess of the CO source at moderate temperatures and were successfully applied to a wide range of aryl bromides. DMF=N,N-dimethylformamide, dppb=1,4-bis-

≫製品コード:F0171 ぎ酸リチウム一水和物

関連記事

  1. ODOOSをリニューアル!
  2. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステル…
  3. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villig…
  4. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanu…
  5. trans-2-[3-(4-tert-ブチルフェニル)-2-メチ…
  6. トップデザイン変更
  7. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  8. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 金属スカベンジャーを試してみた
  2. カスガマイシン (kasugamycin)
  3. 塩にまつわるよもやま話
  4. ホストとゲスト?
  5. 窒素固定をめぐって-2
  6. フリーデル・クラフツ アシル化 Friedel-Crafts Acylation
  7. DOIって何?
  8. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Salt
  9. 化学企業のグローバル・トップ50が発表
  10. グレッグ・バーダイン Gregory L. Verdine

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP