[スポンサーリンク]

archives

スルホニルフルオリド

H1176.gif

 
東京化成工業
 スルホニルフルオリド: Perfluoro-n-octanesulfonyl Fluoride
分子量: 502.12
CAS:307-35-7
製品コード: H1176
値段: 25g 4,900円 (2008.10.22 現在)
用途: 鈴木カップリングの基質合成
説明: フェノール性水酸基を持つ化合物の鈴木-宮浦クロスカップリング反応においてトリフラートの代用(5g 6,600円)としてより安価に利用できる。
文献:W. Zhang, C. H.-T. Chen, Y. Lu, T. Nagashima, Org. Lett., 6, 1473 (2004).
その他のリンク: 鈴木-宮浦クロスカップリング反応 / Suzuki-Miyaura Cross-coupling Reaction(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. インドール一覧
  2. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  3. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  4. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethyls…
  5. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  6. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【…
  7. (-)-MTPA-Cl
  8. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クルチウス転位 Curtius Rearrangement
  2. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功
  3. ブルック転位 Brook Rearrangement
  4. エド・ボイデン Edward Boyden
  5. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg
  6. バートン反応 Barton Reaction
  7. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成
  8. マーデルング インドール合成 Madelung Indole Synthesis
  9. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough
  10. 生物活性分子のケミカルバイオロジー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP