[スポンサーリンク]

archives

スルホニルフルオリド

H1176.gif

 
東京化成工業
 スルホニルフルオリド: Perfluoro-n-octanesulfonyl Fluoride
分子量: 502.12
CAS:307-35-7
製品コード: H1176
値段: 25g 4,900円 (2008.10.22 現在)
用途: 鈴木カップリングの基質合成
説明: フェノール性水酸基を持つ化合物の鈴木-宮浦クロスカップリング反応においてトリフラートの代用(5g 6,600円)としてより安価に利用できる。
文献:W. Zhang, C. H.-T. Chen, Y. Lu, T. Nagashima, Org. Lett., 6, 1473 (2004).
その他のリンク: 鈴木-宮浦クロスカップリング反応 / Suzuki-Miyaura Cross-coupling Reaction(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 日本化学会と対談してきました
  2. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジア…
  3. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  4. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”…
  5. 鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応
  6. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】
  7. バトフェナントロリン : Bathophenanthroline…
  8. N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Di…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授
  2. A-ファクター A-factor
  3. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reaction
  4. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  5. 窒素 Nitrogen -アミノ酸、タンパク質、DNAの主要元素
  6. メタボ薬開発に道、脂肪合成妨げる化合物発見 京大など
  7. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)
  8. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
  9. 不斉アリル位アルキル化反応を利用した有機合成
  10. 京大北川教授と名古屋大学松田教授のグループが”Air Liquide Essential Molecules Challenge”にて入賞

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP